• ホーム
  • JICA東京
  • 草の根事業完了報告会~ブータン王国ハ地域における地域に根ざした持続可能な開発と人材育成プロジェクト

草の根事業完了報告会~ブータン王国ハ地域における地域に根ざした持続可能な開発と人材育成プロジェクト

日時:
2018年1月23日(火曜日)
14時から15時
会場:
JICA東京 別館セミナールームA【会場地図

【一般公開】草の根技術協力事業 事業完了報告会 
「ブータン王国ハ地域における地域に根ざした持続可能な観光開発と人材育成プロジェクト」
~「幸せの国・ブータン」で誰もが幸せになれる観光開発とは~

公益社団法人日本環境教育フォーラム(JEEF)が2015年からブータンで実施してきた草の根技術協力事業「ブータン王国ハ地域における地域に根ざした持続可能な観光開発と人材育成プロジェクト」が3年間の活動を終了致しました。終了にあたり、本事業の成果を発表する報告会を実施いたします。

<ツーリズムは誰のためのもの?>
ブータン西部に位置するハ県は、首都ティンプーから車で約3時間半、国際空港があるパロからは約2時間半という恵まれた立地にありながら、観光客を受け入れ始めたのはわずか15年前。この地域では農業以外の目立った産業もなく、有名な観光資源がないために、その立地の良さを活かしきれていません。また、ブータンの観光業による恩恵は一部の旅行会社に集中し、地域の人々に裨益されにくい仕組みとなっていました。
そこで日本環境教育フォーラムは、「地域に根ざした観光開発」を行うことで、観光業によって得た利益が地域住民に裨益されるような観光プログラムの開発に着手。ホームステイ、ローカルガイド、お土産生産者の育成を行い、「地域の生活そのもの」を「観光資源」として売り出したのです。「開発は持続的なものでなければならない」という政府の方針のもと、観光業を地域の文化、環境、そこに住む人々の生活を守るためのツールとして生かしていきました。
観光業は誰のものか?関わった人が誰でも幸せになれる観光はどんなものか?それが根付くためには何が必要か?現地の人々に寄り添いながら活動したJEEFから報告させていただきます。

<報告会概要>
日時:2018年1月23日(火)14:00~15:00
場所:JICA東京国際センター 別館セミナールームA
プログラム:
14:00 開会挨拶、自己紹介
14:10 プロジェクト実施報告
14:40 質疑応答
14:55 閉会挨拶

※定員30名
※参加費無料

参加申込み方法:1月22日12時までにメールにて、所属、氏名、電話番号、メールアドレスを連絡ください

お問い合わせ:
JICA東京市民参加協力第二課 金井 めぐみ
Tel:03-3485-7109 
Email:Kanai.Megumi.2@jica.go.jp