貿易投資促進のためのWTO協定の活用研修のアクションプラン発表会を見学しませんか?【研修員受入事業】

2013年5月14日

【画像】国際協力機構東京国際センター(JICA東京)では、インドネシア、カンボジア、ミャンマー、パキスタン、パプアニューギニア、ウズベキスタン、カザフスタン、タジキスタン、コロンビア、コートジボワールから14名の研修員を受け入れ、「貿易投資促進のためのWTO協定の活用」研修を実施します(受入れ期間は5月19日から6月6日)。

本研修はWTO協定の全体構造と諸制度を運用するために必要な国内実施体制を学ぶことを目的としており、6月5日(水)に帰国後に取り組む政策提言(アクションプラン)を研修員が発表します。

ご関心をお持ちの方は見学可能ですので、以下の問合せ先にお申込みください。

【貿易投資促進のためのWTO協定の活用 アクションプラン発表会】
参加費等:無料
場所:JICA東京国際センター(東京都渋谷区西原2-49-5)
日時:2013年6月5日
10:00〜16:00アクションプラン発表会(すべて英語で行われます)
(昼休み12:30〜14:00)

申込み方法:事前予約が必要です。
以下の申込み・問合せ先に5月29日までにご連絡ください。
なお、会場の都合により応募者多数の場合は抽選により決定します。
当選された方にはJICA東京からご連絡いたします。
申込み・問合せ先:JICA東京 産業開発・財政課 担当:武尾(たけお)
Tel:03-3485-7051 E-mail: Takeo.Akihide@jica.go.jp