アサガオのツルの撤去終わらず【施設について】

2013年12月3日

【画像】夏の間、研修員とJICA東京の関係者を暑さから守ってくれた緑のカーテンはその役割を終え、忘れ去られたかのようです。

しかしながら、近くによるとそちらにもこちらにもアサガオの種がしっかりと育っています。気持ちのよい晴天が続いている中、来年の緑のカーテン作りに向け11月21日に種の収穫とツルの撤去を行いました。

【画像】茶色くカサカサに乾ききったツルは少しひっぱるだけで抜けます。

【画像】大きく伸びをしても手の届かない高さにあるツルが遠く上の方からバン!ひゅるひゅると音を立てながら抜けていくと、園芸の達人になったような気になります。

【画像】ところが緑色が残っているツルは水気が邪魔をするのでしょうか、引っぱっても切れ切れになるだけで抜くことができません。すぐに手が痛くなってしまいました。

ツルを全部撤去するには少々時期が早かったようです。もうしばらく待って12月に残りのツルの撤去を行うことになりました。

【画像】今回収穫したアサガオの種たちです。こちらは封筒にいれて冬越しさせます。