JICA東京と埼玉大学共催の今年度最後の第8回PCMセミナーに17名が参加!【開発教育支援事業】

2016年2月9日

JICA東京では「国際協力担当者のためのPCMを活用したプロジェクト運営基礎セミナー」を毎年2コース8回開催していますが、今般2月6日(土)から7日(日)の2日間で第4回のモニタリング・評価コースを埼玉県で開催したので報告します。

埼玉会場の様子

【画像】今回の会場はJICAが5年間の連携協定を結んでいる埼玉大学との共催で、昨年度に続き埼玉大学大宮ソニックシティカレッジで実施しましたが、同会場は大宮駅から徒歩5分の高層ビルの5階にありアクセスの良さは「ナンバー1」です。

参加者の自己紹介

【画像】毎回同コースの参加者にはセミナーの冒頭でポストイット4枚にPCMボードに張り付けて1分以内で自己紹介をしてもらいますが、今回のお題は名前・所属先・担当内容・活動地域で、今回も埼玉県の教育関係者が4名参加されました。

前コースの振返り

【画像】今回の参加者の中にも1年以上も前に計画立案コースを受講された方もいたので、計画・立案コースで学んだ概要等の振返りの講義からセミナーが始まりましたが、講義内容を実践に役立てようと皆さん熱心に聴講されていました。


JICA東京 NGO連携課 福永