JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2015−訪問表彰【海外ボランティア派遣】

2016年3月14日

JICA東京所管地域から、JICA東京国際センター所長賞の受賞者を中心に訪問表彰を行いました。

世界を知ろう!考えよう!-よりよい世界のため私たちにできること-

本コンテストは、次の世代を担う中学生・高校生を対象に、開発途上国の現状や開発途上国と日本との関係について理解を深め、国際社会の中で日本、そして自分たち一人ひとりがどのように行動すべきかを考えることを目的として実施しています。今年度で中学生の部は20回、高校生の部は54回を数え、中学生の部40,119点、高校生の部29,636点、総数69,755点ものご応募をいただきました。JICA東京管轄内の訪問表彰の様子を紹介します。

左から上原さらさん、犬飼直紀さん、安原杏さん

2月18日は、東京学芸大学附属国際中等教育学校を訪問し、各賞の表彰を行いました。JICA東京国際センター所長賞※1を受賞した上原さらさんは、中学生時代にもJICA地球ひろば所長賞を受賞しており、今回が二度目の受賞です。将来は「日本だけでなく世界に目を向けて仕事をしたい」と夢を語ってくれました。

石森ディアロ愛里さん

3月8日は、立川市立立川第八中学校にて表彰を行いました。受賞した石森ディアロ愛里さんは、本コンテストを通じ「自分の意見を言うこと、相手の意見を聞くことの大切さを学んだ。自分の目で国際協力の現場を見てみたい」と感想を述べました。


JICA東京国際センター所長賞受賞者は以下の通りです。

斉藤晴菜さん

【高校生の部】
群馬県 恩田真弥さん 「たとえ一人の力が小さくても」
学校法人太田国際学園ぐんま国際アカデミー高等学校

埼玉県 斉藤晴奈さん 世界をよりよくするために
国立大学法人筑波大学附属坂戸高等学校 

遊橋涼さん

千葉県 遊橋涼さん 沖縄伝統古武道から国際文化交流を考える
学校法人鎌形学園東京学館高等学校


東京都 上原さらさん 自分のこととして考えよう
東京学芸大学附属国際中等教育学校

橋本優紀さん

新潟県 鈴木敦也さん 貧困の大統領
北越高等学校


【中学生の部】
群馬県 橋本優紀さん 叔母から学んだこと
千代田町立千代田中学校

鵜木利歩さん

.
埼玉県 鵜木利歩さん 「一枚のスカートから考えること」
桶川市立桶川中学校

小野楽人さん

千葉県 小野楽人さん ランドセルを送って
浦安市立富岡中学校


東京都 石森ディアロ愛里さん「失ったものと得たもの」
立川市立立川第八中学校

深澤涼乃さん

新潟県 深澤涼乃さん 奉仕の精神
新潟大学教育学部附属新潟中学校


各県の訪問表彰の様子は、fecebookページをご覧ください。

最優秀賞、優秀賞、審査員特別賞の受賞者には、副賞として1週間の海外研修が贈られ、受賞者は夏休み期間に、青年海外協力隊の活動現場やプロジェクトサイトを訪問し、開発途上国の暮らしや国際協力の現場を視察する予定です。

また、2016年度の同コンテストは6月中旬に募集を開始し、下記のJICA地球ひろばのサイトに募集案内情報を掲載予定です。ぜひ応募をご検討ください。

※1 最終審査対象20作品を除き、各国内機関長が特に推薦する作品


JICA東京 地域連携課 本田