平成28年度1次隊JICAボランティア派遣前自治体表敬訪問が行われました。【海外ボランティア派遣】

2016年7月4日

東京都:現職教員の参加がこれまでに一番多い隊次となりました。

埼玉県:副知事より埼玉親善大使を委嘱され、激励のお言葉を頂きました。

千葉県:副知事に加えチーバくんからも一緒にエールを頂きました。

群馬県:一人一人任国での意気込みを述べ、副知事より激励頂きました。

派遣前自治体表敬訪問とは、JICAボランティアが派遣国へ出発する前に、都道府県、市区町村の各自治体へ、出発のご挨拶に伺うJICAの公式行事です。

2016年6月22日から24日までの期間、JICAボランティア平成28年度1次隊が派遣前自治体表敬訪問を実施しました。東京、埼玉、千葉、群馬、新潟の1都4県では、青年海外協力隊・日系社会青年ボランティア99名、シニア海外ボランティア・日系社会シニアボランティア5名の計111名が、各自治体を訪れ、出発の挨拶をしました。

自治体の方々からは「日本と任国をつなぐ架け橋となってきてください」「まずは健康第一で無事の帰国をおまちしております。」と激励の言葉を頂きました。

ボランティアの皆さんも「派遣国の人たちとともに汗を流したい。」「役に立てるようできることをしっかりとやってきたい。」と意気込みを語りました。

表敬訪問後には壮行会が行われ、帰国したJICAボランティアも多数出席し、任国に出発するボランティアを激励しました。

平成28年度1次隊はそれぞれ、2016年6月下旬に、アジア、中東、大洋州、アフリカ、南米・中南米の各任国へ赴任します。

ボランティアの皆さんのご活躍を、東京国際センターより応援しています!

平成28年度1次隊JICAボランティア派遣者数(1都4県)

新潟県:任国での意気込みを述べ、激励のお言葉を頂きました。

※青年=青年海外協力隊、日系社会青年ボランティア
シニア=シニア海外ボランティア、日系社会シニアボランティア
<東京都>青年50名、シニア3名
<埼玉県>青年22名、シニア7名
<千葉県>青年13名、シニア1名
<群馬県>青年9名、シニア0名
<新潟県>青年5名、シニア1名


JICA東京 市民参加協力第一課 深林 真理