エコ de 海外ボランティア クロストーク

グリーン系女子とブラウン系男子の環境教育隊員OB・OGによる赤裸々ホンネトーク!

2017年10月30日

【Youは何しに海外へ?】

Futureノートの紹介

藤本OGは中米コスタリカにおけるグリーン系(自然環境関連)の活動を紹介。そもそも「どうして環境を守る必要があるのか」「環境問題を知らなければならないのか」、この出発点を丁寧に現地の子供達と考え、オーガニックガーデン作りなどの行動に移した活動を語ってくれました。

また協力隊志望に際しては「Futureノート」を作り、今までの経験や自身の強みの棚卸しと、歩みたい進路を「見える化」し、整理したことが今でも財産になっていると紹介してくれました。

【鋭い質問も飛び交う!】

ドミニカン Tシャツで登場

一方、山田OBは「I love Republica Dominicana(ドミニカ共和国大好き!)」のドミニカンTシャツで登場。「郷土愛が環境保全の心を育てる」をテーマとした小学生向け講座やエコイベントなど、ブラウン系(廃棄物関連)の活動内容を写真と共に紹介しました。

参加者の方からは「良かれと思って実施したことが、別の立場の人にとっては弊害になることもあるのでは」と鋭い質問も投げかけられ、環境意識の高い方が集まって下さったようでした。

スピーカー紹介

◆ 藤本亜子(ふじもと あこ)【コスタリカ】
一般社団法人 環境パートナーシップ会議 プロデュース部 コーディネーター(地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)勤務)
関西学院大学理工学部生命科学科勤務後、JICA青年海外協力隊(環境教育)として、中米コスタリカで持続可能な開発のための教育(ESD)に取り組む。

◆ 山田優(やまだ まさる)【ドミニカ共和国】
JICA多摩地区デスク 国際協力推進員
大学で環境学を専攻し、卒業後はカメラマンとして写真スタジオに勤務。
その後、JICA青年海外協力隊(環境教育)として、中米カリブ海のドミニカ共和国で小中学生や市民を対象とした「3R」や「エコな生活」の実践方法の紹介、エコイベントを通した環境意識の普及活動を行う。

JICA多摩地区デスク 国際協力推進員 山田 優