八王子国際交流フェスティバル大盛況!!

「出愛、ふれ愛、学び愛 〜セカイを知るとジブンが広がる〜」 八王子市制100周年を記念して、JICAからもスペシャルプログラムが企画されました!

2017年11月15日

テーマ1: 国境をこえて、人種や文化の違いをこえて

<パネルディスカッション>

多文化共生パネルディスカッション
『国境をこえて、人種や文化の違いをこえて』
〜八王子で暮らす、支える、支え合う。私にも、きっと何かできる〜

八王子にも、日本国内の他の地域と同様に、様々な立場や背景を持つ外国出身者が暮らしています。
多くの異なる文化を持つ人々が支え合い、高め合い、共に生きるためにひとりひとりに何ができるのか、考えるきっかけとなりました。

パネリスト紹介(写真右から)
●木村 聡子(東京医科大学八王子医療センター 医療ソーシャルワーカー)
●松本 啓太(JICA青年海外協力隊(ニカラグア、体育)帰国隊員)
●玉城 ちはる(シンガーソングライター、ホストマザー、「なんとかしなきゃ!プロジェクト」メンバー)
●Melaia Tuitikoitoga (Ms.)(JICA長期研修員(フィジー出身、東洋大学国際地域学研究科在学中))
●平野 吉三(八王子国際協会 理事長)
◆進行:内藤 徹(JICA 広報室 地球ひろば推進課 課長)

<玉城ちはるさんミニライブ>

玉城ちはるさんのミニライブでは、伸びやかで力強い歌声が会場を包みました。
手話を交えながらのパフォーマンスに目を奪われながらも、自然と自分の大切な人が思い浮かぶような、そんな2曲を披露してくれました。

テーマ2: 海外ボランティア体験談inインドネシア

<寺岡 友里さん>

講師:寺岡 友里
JICA青年海外協力隊(インドネシア、環境教育)帰国隊員

活動内容
1.小中高校での環境教育
2.コンポスト(生ゴミ堆肥化)普及活動 など

青年海外協力隊における「参加のきっかけ」から「活動内容」、そして「帰国後のキャリア」までの一連の流れを、豊富な写真と共に紹介してくれました。
活動を経て、子供たちが自主的にごみ拾いをするようになったこと、寺岡さんの帰国後には環境を専門に学ぶ生徒が出てきたことなど、寺岡さんの蒔いた種が、嬉しい芽吹きに繋がっているようでした。

テーマ3: JICAブース大盛況!

<facebookから飛び出ちゃいました!>

子供から大人まで、多くの方がご来場くださいました!
世界の写真や珍しい民芸品を楽しみながら、異なる文化の面白さや国際協力の大切さを感じていただけたようです。

その他の写真は、関連リンク「JICA Tokyo International Center FACEBOOK」に掲載予定です!ぜひご覧ください!

●民族衣装体験
●ワールドスタンプラリー
●信頼で世界をつなぐ 〜国際協力のパネル展示〜
●世界で活躍する八王子のNGO
●斎藤工のマダガスカル写真展
●青年海外協力隊OBのドミニカ共和国写真展

<スタンプラリーで世界の民芸品ゲット!>

<世界で活躍する八王子のNGO>

<斎藤工のマダガスカル写真展>

<青年海外協力隊OBのドミニカ共和国写真展>

.

報告者: JICA多摩地区デスク 国際協力推進員 山田 優