毎月21日は民族衣装着用(してもいいよ)デー!

2018年8月21日

【画像】毎月21日を「途上国の服装デー」に設定し、民族衣装を含む途上国の服装の着用を奨励する試みを7月23日よりスタートしました。

民族衣装を着用することで、職員や研修員間のコミュニケーションのきっかけづくりにもなり、異文化理解にも役立っています。

研修員にとっても、職員が自分の国の民族衣装を着用しているのはとても嬉しく、そこから様々な話題へと会話が広がっていきます。

ご来訪の皆様におかれましても、色々な国の民族衣装を見て楽しんでいただければ幸いです。

皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。