【報告】東京フィルハーモニー交響楽団様のご招待で、JICA東京研修員がクラシックコンサートを鑑賞

2019年1月22日

2014年から、公益財団法人 東京フィルハーモニー交響楽団様(以下(「東京フィル」)のご厚意で、日本有数のオーケストラの定期公演を鑑賞するという素晴らしい機会を、JICA東京の研修員にご提供いただいています。

東京フィル「留学生特別シート」を通じたご招待

東京フィルでは、社会貢献活動・国際交流事業の一環として、海外からの留学生や研修員の方々を演奏会に招待する「留学生特別シート」を設け、定期的にJICA東京の研修員をご招待いただいています。
2018年は、累計94名(42か国)のJICA東京研修員・留学生が、コンサート8公演にご招待いただきました。

【2018年にご招待いただいた演奏会】
・第114回東京オペラシティ定期シリーズ
・第115回東京オペラシティ定期シリーズ
・第116回東京オペラシティ定期シリーズ
・第117回東京オペラシティ定期シリーズ
・第118回東京オペラシティ定期シリーズ
・第119回東京オペラシティ定期シリーズ
・第121回東京オペラシティ定期シリーズ
・ベートーヴェン『第九』特別演奏会

研修員からの熱心な感想や感謝の声

演奏会には、様々な国からの研修員や留学生が参加させていただいています。国によって、音楽を鑑賞する機会やホールの状況等様々な中、すばらしいコンサートホールでのオーケストラ鑑賞の機会に対して、毎回熱心な感想や感謝が研修員・留学生から寄せられています。ここではその一部をご紹介します。

【フィリピン出身の研修員】
東京フィルハーモニー交響楽団の演奏会はとても素晴らしい経験でした。コンサートホールに行くのも初めてで、その演奏にとても感動しました。音楽は私の感性に触れ、悩みや心配事がなくなっていくように感じました。他の研修員にも、忘れられない経験としてコンサートに参加することを強く勧めたいです。

【インド出身の研修員】
チケットを寄付していただいた会員の皆様には、心から感謝いたします。
日本の優雅な音楽を聴くチャンスをいただけたことは、本当に貴重だと思います。素晴らしい演奏に私は心を奪われました。このような機会をいただき、誠にありがとうございました。

研修員の知日派・親日派育成に向けた貴重な機会

研修員の方々に、来日の機会を通じて知日派・親日派になっていただくことは、JICAの研修事業にとって大事な目的の一つです。この観点から、研修員の来日時に、大変貴重で、心に残る機会をご提供いただいている東京フィルの皆様に、心より感謝申し上げます。

【東京フィルハーモニー交響楽団ウェブサイトおよびオフィシャルSNS】
Homepage http://www.tpo.or.jp/
Facebook https://www.facebook.com/TokyoPhilharmonic
Twitter https://twitter.com/tpo1911
Instagram https://www.instagram.com/tokyophilharmonicorchestra/