• ホーム
  • ニュース
  • トピックス
  • 2016年度
  • 「柔の心を伝えたい」青年海外協力隊がつなぐ五輪金メダリストとブータン——ブータン唯一の柔道チーム来日、古賀稔彦さんが稽古【後編】

「柔の心を伝えたい」青年海外協力隊がつなぐ五輪金メダリストとブータン——ブータン唯一の柔道チーム来日、古賀稔彦さんが稽古【後編】

2016年4月1日

「もっと多くの若者(日本人柔道家)に海外で柔道の魅力を伝えてほしい」と語る古賀さん

ブータン国内に1ヵ所だけの柔道場で学ぶ中高生7人が、柔道大会への出場や両国の友好親善を目指して3月3〜15日にわたり来日。柔道の総本山「講道館」などでの稽古(けいこ)や、文化体験・交流プログラムを意欲的にこなした。

8日には、ブータンの柔道振興に協力しているバルセロナ五輪(1992年)の金メダリスト古賀稔彦さんが塾長をつとめる道場「古賀塾」で、日本人の子どもたちと共に稽古に臨み、本場の稽古の厳しさを体験。ブータン柔道のレベルアップにつながる貴重な機会となった。

後編では、当日の稽古の様子や稽古後のブータンの子どもたちの感想などを紹介する。

努力をすれば得られるものがある

初めての道場でも、稽古は真剣そのもの

教え子に具体的なアドバイスをする堀内さん(左)

今回は3〜4年以上にわたり柔道を続けている14〜18歳の子どもたち7人(男子5人、女子2人)が来日。堀内さんによると、子どもたちはネパールや日本に遠征する機会を得て、「柔道が自分の可能性をひろげてくれる」と実感するようになったという。「柔道を通じてもっと世界のことを知りたい」と夢を描くようになり、これまで以上に稽古に熱が入るようになったという。

堀内さんは協力隊員に応募する前、「旅先の人々をもっと身近に感じたい」と、柔道着を持ってアジア各国を旅し、ともに汗をかくことが国や言葉の壁を取り払ってくれ、出会ったばかりの人との距離をぐっと近づけてくれることを体感していた。「自分の身近にあった柔道を通じて、誰かの力になりたい」と青年海外協力隊の道を選んだ。

そして今、堀内さんは、ブータンの子どもたちに柔道を通して「あきらめずに続けることや、夢を持つことの大切さ」を伝えようと全力を注いでいる。開発途上国で現地の人とともに生き、ともに課題解決に取り組む青年海外協力隊の精神は、古賀さんが語る「精力善用」「自他共栄」という柔道の教えとも通じるものだろう。

また、「柔道が自分の『世界』を広げてくれた」と語る堀内さん。ブータンの子どもたちも、同じようなことを感じてくれれば何よりと話す。

「もっと強くなりたい」「柔道の指導者になりたい」

「まずは柔道を好きになってほしい」と話す古賀さん。稽古では時に笑顔も

子どもたちのために自らおしるこを振る舞う古賀さん

柔道を通して、すぐに打ち解ける両国の子どもたち

古賀塾での稽古は2時間以上に及んだが、ブータンの7人は、最後まで全力で取り組んだ。「日本の子どもたちと稽古ができて楽しかった」「古賀先生の熱意が伝わってきて、積極的に稽古ができた」などと口々に話し、「もっと強くなりたい」「将来はブータンで柔道を教える指導者になりたい」という夢を語った。

日本とブータンは今年、国交樹立30周年を迎えた。今回の柔道チーム来日も「日・ブータン国交樹立30周年記念事業」として認定。次代を担う両国の子どもたちが柔道を通じて触れ合い、友好を深める貴重な機会となった。

稽古後には、古賀塾の子どもたちから自分の名前を入れた「ぞうきん」200枚が贈呈され、畳を大切に、きれいに使おうという心が伝えられた。また、文房具や柔道着なども贈呈され、さらに、古賀さん自ら腕を振るった「おしるこ」もいただき、日本の伝統的な甘味に舌鼓を打った。

堀内さんの協力隊員としての任期は残り数ヵ月。この間に、ブータンで2ヵ所目の柔道場が首都の中心地に開設される予定で、堀内さんは「柔道のさらなる普及につながることを期待している」と話す。

今後、2代目となる柔道の青年海外協力隊員がブータンに赴任する予定で、今後もブータン柔道の普及とレベルアップをサポートし続ける。2020年の東京オリンピックでは、ブータン柔道選手の健闘が見られるかもしれない。