永島昭浩さんがラオスのJICAプロジェクトを訪問、視察レポートを公開開始

2017年3月2日

【画像】「なんとかしなきゃ!プロジェクト(※)」メンバーで、元サッカー日本代表、スポーツキャスターの永島昭浩さんがラオスを訪問。

ラオス国内で深刻な被害をもたらしている「不発弾」の除去に取り組むプロジェクト専門家から説明を受け、ビエンチャン国際空港ではターミナルの拡張工事の現場を見るなど、JICAの支援現場を視察しました。

また、派遣中の青年海外協力隊員と共に、小学校でサッカー教室を開催しました。

その様子を紹介した視察レポートが、ウェブサイト上で公開されました。ぜひご覧ください。

【画像】

【画像】

続きを見る:

※なんとかしなきゃ!プロジェクト
JICA、国際協力NGOセンター(JANIC)、国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所が、国際協力に関心の高い著名人やNGOと連携し、国際協力や開発途上国に関する情報発信を行い、より多くの方々に国際協力への理解促進、また参加促進を目的としたプロジェクト。

詳しくはこちら: