永島昭浩さんがカメルーンのJICAプロジェクトを訪問、視察レポートを公開開始

2017年5月22日

【画像】「なんとかしなきゃ!プロジェクト(※)」のメンバーで元サッカー日本代表、スポーツキャスターの永島昭浩さんがカメルーンを訪問し、JICAの支援現場を視察しました。

「コメ振興プロジェクト」では、日本人専門家から技術指導を受けた農業普及員によるセミナーを見学。また、現地の農民とともに、手作りの農具で畝(うね)を作り、種まきを体験しました。

「中小企業品質・生産性向上(カイゼン)プロジェクト」では、日本のノウハウである「5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけの意)」「カイゼン」の取り組みが導入された工場を訪問し、工場スタッフにインタビューしました。

他にも、カメルーンに派遣されている青年海外協力隊の活動現場を訪問。現地の小学生を対象にサッカー教室も開催しました。

視察の様子を紹介したレポートがウェブサイト上で公開されました。ぜひご覧ください。

【画像】

続きを見る:

※なんとかしなきゃ!プロジェクト
JICA、国際協力NGOセンター(JANIC)、国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所が、国際協力に関心の高い著名人やNGOと連携し、国際協力や開発途上国に関する情報発信を行い、より多くの方々に国際協力への理解促進、また参加促進を目的としたプロジェクト。

詳しくはこちら: