“人づくり”に貢献するJICAボランティア、今後の活躍に期待――帰国したJICAボランティアへの外務大臣感謝状授与式

2017年7月18日

7月3日、JICA市ヶ谷ビル(東京都新宿区)の国際会議場で外務大臣感謝状授与式(外務省主催)が開催され、2年間の活動を終えて帰国したJICAボランティア(注1)65人が参列しました。
授与式には来賓として、「日本の国際協力−特に青年海外協力隊の活動−を支援する国会議員の会」(JICA議連)所属議員をはじめとする国会議員や、現職教員特別参加制度(注2)を活用した帰国隊員の所属先代表者も参加されました。
冒頭、昨年7月のバングラデシュのテロ事件発生から1年が経過したことを受け、事件で犠牲となられた方々に黙祷を捧げました。

JICAボランティアの今後の活躍を確信

小田原外務大臣政務官

小田原潔外務大臣政務官から、帰国したJICAボランティアに対し、「JICAボランティアの活動は顔の見える開発協力として日本のODAを最前線で支え、開発途上国との懸け橋になっている。任国で経験した苦労を糧にして、それぞれが活躍することを確信している」と、ねぎらいと帰国後の活躍を期待するお言葉をいただきました。

現地の人々と友情を育み課題解決に取り組んだボランティア生活

お礼の言葉を述べる曽根さん

参列したJICAボランティアを代表して、ボツワナで青年海外協力隊のコミュニティ開発隊員として活動した曽根啓太さん(神奈川県出身)がご挨拶。曽根さんを含む13名の隊員はバングラデシュの治安悪化に伴う退避・任国振替を経験しており、それぞれ特別な思いをもって2年の活動を終えました。「不十分な環境ではあったが、現地の人々に助けられ、友情が育まれ、課題解決に皆で取り組む達成感が得られた」と第二の任国、ボツワナでの活動を報告しました。

“人づくり”に貢献するボランティアを評価

授与式に続いて行われた懇談会では、横路孝弘議員、髙木義明議員、山本幸三議員がご挨拶。横路議員は「JICAボランティアは、日本人に対する各国からの信頼を築き上げる大きな源である」として、開発途上国の将来のための“人づくり”に貢献するボランティアの意義を高く評価されました。髙木義明議員は「ボランティアの皆さんの顔には、2年間任国で活動した達成感と勇気がみなぎっている」とボランティアをねぎらい、今後の活躍を祈念、山本幸三議員は「今後は開発途上国での経験を日本の地方創生に役立ててほしい」と期待を述べられました。

【画像】

  懇談会の様子

グローバル課題への取り組みを生徒に伝えてほしい

挨拶を述べる増野校長

現職教員特別参加制度で青年海外協力隊としてグアテマラで活動した金森郁美さん(栄養士隊員、大阪府出身)の所属先、大阪府茨木市立彩都西中学校の増野浩典校長がご登壇。「生活環境や言葉の違いなど苦労もあったと思うが、活動が充実したものであったと伝わってきた」と述べ、「今後はボランティア経験を生かし、グローバル化に伴う課題への取り組みなど、食育の観点から生きる力を生徒たちに伝えてほしい」と期待を述べました。

現地の人々のやり方を尊重して行った活動

活動報告を行う金森さん

その金森さん自身も活動を報告。「日本では見たことのない食材、異なる調理法、衛生環境などに戸惑い、日本人の私が口出しする余地があるのか悩んだ」と着任当初を振り返りました。「これからは栄養教諭としてボランティア経験で得た経験や気づきを盛り込んだ食育を学校、そして地域の児童や生徒たちに伝えたい」と抱負を語りました。

支えてくれた人たちの優しさに感謝

活動報告を行う本田さん

続いて、シニア海外ボランティアとしてネパールに農業協同組合の職種で派遣された本田剛司さん(熊本県出身)が報告。本田さんはかつて、青年海外協力隊としてネパールで活動されていました。「派遣前訓練中にネパール大地震が起き、無事派遣されるか心配した」「十分な予算が確保されておらず、着任直後に起きたインド国境封鎖など、様々な問題に直面したが、現地の人々と一村一品に取り組み、コーヒー栽培と販売、ジャム製造・販売促進を行った」と振り返りました。

(注1)これまでに青年海外協力隊は88ヵ国に延べ42,599人、シニア海外ボランティアは75ヵ国に延べ6,166人、日系社会青年ボランティアが9ヵ国に延べ1,352人、日系社会シニア・ボランティアが10ヵ国に延べ502人派遣され、現在もこのうち2,344人のJICAボランティアが活動している。(2017年5月31日現在)

(注2)

【来賓国会議員】
横路孝弘衆議院議員、髙木義明衆議院議員(JICA議連名誉会長)、山本幸三衆議院議員、小渕優子衆議院議員(JICA議連事務局長)、羽田雄一郎参議院議員、松下新平参議院議員、穴見陽一衆議院議員、宮澤博行衆議院議員、大島九州男参議院議員、大野元裕参議院議員、室井邦彦参議院議員(秘書)、野間健衆議院議員(秘書)