国と国を繋ぐ物流が変われば、人々の生活が変わる:アフリカの国境手続きの円滑化

2017年10月23日

国境付近で通関手続きに時間がかかり、トラックが渋滞している様子

アフリカには、海岸線を持たない内陸国が15ヵ国あります。こうした国ではトラックや貨物列車が国境を超えるたびに、出国側と入国側それぞれの国で審査、税関、検疫などの手続きが必要なため、多くの時間と労力を要しています。そのため、貿易の過程で目的地に到着するまでに時間がかかり、農産物の鮮度が落ちる、輸送費や人件費がかさみ物価の高騰につながるなどの問題が生じています。

こうした問題を解決するために注目されているのが「ワンストップボーダーポスト(OSBP)」です。OSBPとは、両国の国境施設を一つに統合、または、どちらか一方の国にだけ手続き場所を設けるなど、出入国手続きを効率化する通関業務の運営方式です。隣接する二カ国間でそれぞれ最適な方法を検討し、導入しています。

例えば、タンザニア-ルワンダ間のルスモOSBPでは、2016年の運用開始から間もないものの、すでに通関所要時間が3分の1に短縮され、交通量が倍増するなどの成果が見られ、貿易量の増加とともに東部アフリカ地域の物流の活性化に貢献しています。

NEPAD唯一のアジア出身スタッフ橘専門家(中央) 写真:NEPAD提供

「内陸国は海洋国に比べ物流コストが非常に高く域内貿易を阻害しています。内陸国の多いアフリカへのOSBP導入は、物流コストの削減と消費者物価の低減、貿易量の増加、各国のビジネス環境の改善などの効果が期待できます。また、OSBP推進プロセスは、国境を接する二つの国の政府機関が一つの施設で出入国管理、通関、検疫などの仕事をともにすることで、お互いの仕事のやり方を統合させていく営みであり、地域統合を現場から促す象徴的な取組みです。関係者と協力して動き出したこの取組みを更に拡大させたいのです」と、OSBPがもたらすさまざまな利点を熱く語るのは、2015年からNEPAD(アフリカ開発のための新パートナーシップ)に勤務する橘英輔(たちばな えいすけ)専門家。橘専門家の協力を得つつ、NEPADは、OSBP導入の推進役を担ってきました。

NEPADは、アフリカでOSBP開発が急速に進み知見や経験の蓄積がされていることから、2016年にケニアのナイロビで開かれた第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)でOSBPソースブックを作成・公表。2017年には、ルワンダ、南アフリカで、19カ国を対象にワークショップを開くなど、OSBPの普及に向けて中心的な役割を担っています。

JICAは、2008年のTICAD IVを経て、アフリカ連合とその実施機関であるNEPADとともに国境をまたぐ広域インフラ開発への支援を行っています。その一環として、アフリカ域内14ヵ所にOSBPを導入するとともに、「OSBPソースブック」の共同作成に協力しました。

【画像】

今後もNEPADはOSBPのアフリカ大陸での普及を進めていく方針で、JICAも、国境手続きの円滑化に向けたNEPADの活動を支援していきます。

 

◆OSBPに関して:

 

◆NEPADに関して: