今年の「グローバルフェスタ」は9月29日:イベントや料理を通じて世界や国際協力をもっと知ろう!

2018年9月12日

日本最大級の国際協力イベント「グローバルフェスタJAPAN2018」(主催=同実行委員会、共催=外務省・JICA・国際協力NGOセンター)が、9月29日(土)に、東京・お台場のセンタープロムナードで開催されます。

(※)荒天が予想されるため、9月30日の開催は中止させていただくこととなりました(2018年9月28日発表)。なお、今後の天候状況によっては、更なるスケジュール変更の可能性もあるため、最新状況は、公式ウェブサイトをご確認ください。

また、本稿にてご紹介させていただいた30日(日)開催予定のJICA主催の各ステージ・イベントは中止とさせていただく予定です。楽しみにされていた皆様には、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。ご理解のほど、何卒よろしくお願い致します。

【画像】

「グローバルフェスタ」は毎年、「国際協力の日」の10月6日前後の週末に行われています。28回目となる今年のテーマは「Action for all〜小さなことから変わる明日へ〜」。国際協力にかかわる政府機関、NGO、企業などが一同に集まり、世界のことをもっと知ってもらうためのイベントや展示が盛りだくさん。各国のおいしい料理も楽しめます。

JICAは、トークや音楽を通じて身近な国際協力の取り組みを知るイベントや“世界を変える17の目標”(持続可能な開発目標、SDGs)、食や栄養、母子に優しい出産といったテーマに関する報告など、体験型展示を交えながら国際協力への取り組みを幅広く伝えます。

人気モデルのトークや音楽から考えよう

■若者の関心×国際協力?!

メインステージでは、9月29日に若者に大人気の柴田紗希さん、ゆうたろうさん、古関れんさん3人のモデルや俳優が登場!ファッションやカルチャーなど若者のライフスタイルをけん引する3人が体験した、身近なところでできる国際協力についてトークします。どんな話が飛び出すのか、自分の身の回りでできる国際協力について、一緒に考えてみませんか?

【画像】

左から、柴田紗希さん、ゆうたろうさん、古関れんさん

■SDGs吹奏楽団~音楽で国際協力!『私たちのSDGs』

SDGs吹奏楽団(音楽で国際協力~クリスマススペシャルコンサート~に出演

東京フィルハーモニー交響楽団のフルート奏者で、指揮者としても活躍するさかはし矢波(やなみ)氏率いるSDGs吹奏楽団が、音楽を通じてSDGsについて楽しく学べるプログラムをお届けします。グローバルフェスタ初登場となるSDGs吹奏楽団のステージにご期待ください。

来年開催予定のアフリカ開発会議(TICAD 7)を前にアフリカについて知りたい!

■あなたが想像するアフリカはホンモノ?

笑顔あふれるアフリカの子どもたち(写真:Shinichi Kuno)

「アフリカ」と聞いて想像するのは、どんな景色、生活、文化でしょうか?そのイメージ、実は違っているかもしれません。アフリカを知るためのイベントで、あなたの知らないアフリカが体験できます。

■カラフルなアフリカに会いに行こう!

アフリカ大陸には54もの国があり、それぞれの魅力を放っています!アフリカが今、どんな課題を抱え、JICAはどのように関係しているのでしょうか?留学生と実際に話し、いろいろな顔を持つアフリカに出会ってみませんか?

栄養問題や母子に優しい出産について最近の取り組みを紹介

■日本初!?のニュートリソン~栄養豊富なあなたのアイデア、海を渡る~

ニュートリション(栄養)×アイデアソン=ニュートリソン!アイデアソンとは、アイデア×マラソンの造語で、新しいアイデアを生むためのイベントです。食事と栄養についての、あなたの経験・アイデアが栄養改善のヒントになるかもしれません。

■今日何食べる? お昼ご飯から世界の栄養問題を考えよう

食べすぎや肥満が先進国だけでなく開発途上国でも課題になり始めている一方で、世界中で8億人もの人々が栄養不良の状態にあるといわれています。SDGsのいくつものゴールと関係があり、私たちが生きるために欠かせない「栄養」について、一緒に考えてみませんか?

■幸せなお産が世界を変える!

JICAがプロジェクトを実施したブラジル・セアラ州の医療施設で生まれたばかりの赤ちゃんとお母さん(写真:Sakae Kikuchi)

世界では1日に約38万人の赤ちゃんが誕生しています。JICAがこれまで8ヵ国で行ってきた安全で快適なお産を目指すプロジェクトについて報告。きっと新しい発見があるはずです。

■「緊急出動!Japan Disaster Relief teamの活躍」

2017年のメキシコ地震への「救助チーム」と、今年5月にコンゴ民主共和国で感染が確認されたエボラ出血熱への「感染症対策チーム」の活動について、派遣隊員自身が現地での活動や直面した困難などについて報告します。

【画像】

写真左:メキシコで救助活動を行う緊急援助隊
写真右:コンゴ民主共和国で活動する感染症対策チームの派遣隊員

国際協力の分野で仕事がしたい人は必見

■JICA×開発コンサルタント

「国際協力に関心はあるけれど…」「国際協力って難しそう…」と思っていませんか?ODAのプロジェクトはどのように進められているのかといった疑問について、JICA、開発コンサルタントの役割をコミカルな寸劇やパネルディスカッションでわかりやすく伝えます。現役職員に直接質問もできます。ぜひこの貴重な機会をお見逃しなく!

国際協力やSDGsについて知る常設テント展示

常設テントでは2日間を通じて、「身近なことから つながるSDGs」と題した地球ひろばの体験型展示や、JICAや国際協力分野で働きたい人、海外協力隊を目指す人のためのJICAfe、なんとかしなきゃ!プロジェクトなども出展。一人ひとりの「知りたい」「聞きたい」に答えるべく、現役職員や協力隊OBらがスタンバイします。

イベントを楽しみながら、国際協力やSDGs、JICAの役割などについて学べる2日間。みなさまのご来場をお待ちしています!

JICAが企画するその他のイベントは以下の通りです。