• ホーム
  • JICA筑波
  • 【TICAD関連セミナー】筑波大学 第36回ASIP公開セミナー「アフリカ、国際協力、開発援助のいま」 6月24日(月)開催

【TICAD関連セミナー】筑波大学 第36回ASIP公開セミナー「アフリカ、国際協力、開発援助のいま」 6月24日(月)開催

日時:
2019年6月24日(月曜日)
16:40~18:15
会場:
筑波大学(茨城県つくば市)

日本は1993年からアフリカ開発会議(TICAD)を国連等と共同で開催し、アフリカの開発に対して積極的に協力を実施してきました。2000年以降、着実に経済成長を遂げている「アフリカの今」、そしてJICAとアフリカ、そしてつくばをつなぐ「国際協力」を知り、その理解を深めていただけるセミナーです。
アフリカ・国際協力に関心がある方でしたら、どなたでも参加できます。皆様のご参加をお待ちしております。

●日時:2019年6月24日(月)16:40~18:15
●場所:筑波大学総合研究棟A110(茨城県つくば市)

※お申込み不要
※途中入場・途中退席可

<お問合せ先>
筑波大学「地域研究イノベーション学位プログラム」事務局
Email:  asip-office@ml.cc.tsukuba.ac.jp
Tel : 029-853-2946/3845

アフリカ開発会議(TICAD)とは・・
アフリカの開発をテーマとする国際会議。1993年以降、日本政府が主導し、国連、国連開発計画(UNDP)、アフリカ連合委員会(AUC)及び世界銀行と共同で開催。第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)は 2016年8月にケニアで開催され、第7回アフリカ開発会議(TICAD VII)は 2019年8月28~30日に横浜で開催予定。