図書情報室のご利用方法Q&A

2016年9月1日

【画像】

JICA筑波 管理棟。第2図書室はこちらの3階にあります。1階のフロントで入館手続きをして来館者用の名札をお受け取りください。

【画像】

JICA筑波 研修棟

【画像】

研修棟2階にある第1図書室入口。1階受付または管理棟フロントで入館手続きをお願いします。廊下の突き当たりでちょっとわかりにくいですが、お気軽にお越しください。

【画像】

第1図書室は農業分野の雑誌も多数所蔵しています。バックナンバーは奥の書庫に保管しています。

【画像】

第1図書室の書庫にはJICAの報告書や農村開発・農業関連の図書や雑誌があります。

【画像】

第2図書室には日本や日本文化を英語で紹介した図書があります。また、国際理解や国際協力についての図書や子ども向けの絵本もあります。

JICA筑波に図書情報室があるのをご存知でしょうか?

開発途上国のための農業技術、国際協力、日本文化(主に英文)、開発途上国情報、国際理解教育/開発教育に関する書籍があり、どなたでもご利用いただけますので、ご興味のある方はぜひお越しください。

よくご質問いただく点を以下にまとめてみました。

図書情報室に関するQ&Aが10問あります。みなさんはいくつご存知ですか?

Q1.図書室が2つあるのですか?
A1.1990年に研修棟2階に現在の第1図書室が設置されました。2016年に管理棟3階に資料の一部を移動して第2図書室ができました。
第1図書室では、農業技術研修に必要な和書・洋書や研修用の教材、研修員が作成した各種レポートを保管しています。
第2図書室では、国際理解教育/開発教育と国際協力、日本文化紹介(主に英文)の図書を保管しています。
Q2.開室時間はいつですか?
A2.第1図書室(研修棟2階)は火曜日から土曜日までの14:30から19:00まで、第2図書室(管理棟3階)は火曜日から土曜日までの10:30から13:30までご利用いただけます。
Q3.休室日は日曜と月曜だけですか?
A3.国民の祝日、年末年始(12月29日〜翌1月3日)、年度末日(3月最後の平日)はお休みになります。
また、館内行事等により休室もしくは開室時間を変更させていただく場合があります。
Q4.資料を借りるにはどうしたらいいですか?
A4.貸出利用者登録が必要です。身分証明書(運転免許証や学生証など)をお持ちいただき、図書情報室のカウンターで「図書資料貸出申請書」へのご記入をお願いしています。また、利用者登録の有効期限は原則1年です。更新をご希望の場合は、身分証明書を提示の上、更新手続きをお願いします。
Q5.誰でも借りることができますか?
A5.高校生または16歳以上の方であれば貸出が可能です。
また、図書室内での資料の閲覧や視聴覚資料の視聴のみであれば何歳からでもご利用可能です。
Q6.どんな資料を何点、どのくらいの期間借りることができますか?
A6.図書情報室には本・雑誌・視聴覚資料(DVDやビデオ)があります。
貸出点数は最大で5点までです。これは雑誌や視聴覚資料も含めたものです。
貸出期間は資料の種類によって異なります。詳細はスタッフにお尋ねください。
Q7.借りた資料を開室時間内に返却できない時はどうすればいいですか?
A7.管理棟のフロント近くに返却ボックスのご用意があります。そちらにご返却ください。
ただし、視聴覚資料など破損のおそれのある資料等はできる限り開室時間内にカウンターまでご返却ください。
Q8.貸出期間内に読み終わらなかったので、貸出期間を延長したいのですが可能ですか?
A8.他に予約をしている方がいなければ可能です。該当の資料をお持ちの上、図書情報室カウンターにお越しください。 電話やメールでの手続きはしておりません。
Q9.予約したい場合も図書情報室に来なければいけないのですか?
A9.予約は電話やメールでも受け付けています。予約したい資料の書名をご連絡ください。
Q10.コピーしたいのですがコピー機はありますか?
A10.申し訳ございません。図書情報室ではコピーサービスを提供しておりません。
コピーをご希望の方は貸出をされた上で、ご自身でコピーしていただけますようお願いします。
また、コピーをされる場合は著作権法を遵守してご利用ください。

【お問い合わせ】
電話番号:029-838-1111(代表)
E-mail:tbictp2-tosho@jica.go.jp