2016年度課題別研修「農村女性能力向上」コース閉講式

12月9日(金)に課題別研修「農村女性能力向上」コースの閉講式が行われました。
本コースは日本で実施されてきた「生活改善」アプローチを中心に、女性による農産物加工や直売所、農家民泊などの起業や、男女共同参画等、実践的な能力向上に関する知識や課題解決の手法を身につける内容になっています。
今年度はアジア、アフリカ、中東地域11か国から12名が研修に参加しました。
2か月半の研修を終えた研修員の表情は晴れやかで、研修を通して計画されたそれぞれの「生活改善実行プラン」の実施に向け決意を新たにしたようでした。

閉講式での様子をフォトギャラリーでご紹介します。

写真をクリックすると、各写真の説明文が表示されます。前後の写真に移動するには、写真の上にマウスを移動させ、表示されるボタンをクリックする か、キーボードの右、左を押してください。元の画面に戻るには、「閉じる」をクリックするか、キーボードの「Esc」ボタンを押してください。

1.【写真1】 2.【写真2】 3.【写真3】 4.【写真4】 5.【写真5】 6.【写真6】 7.【写真7】
  1. 色鮮やかなアフガニスタンの民族衣装で出席した研修員(アフガニスタン)。
    胸パネルと袖口には手縫いの装飾が施され、デザインは出身地ごとに異なります。ハイウエスト切り替えのワンピースにパンツ、全身を覆うブルカを合わせたこの衣装は、結婚式や特別な場面で着用されるそうです。
  2. ニルバ・マーティンス・メスキュータさん(東ティモール)
    農村女性によるオールハンドメイドのワンピースです。
  3. ノア・H・S・アワトゥラさん(パレスチナ) パレスチナ刺繍をあしらった伝統的な民族衣装。刺繍に特徴があります。こちらは洋服店を営む従妹の手作りだそうです。
  4. 黒地に赤い糸での刺繍は伝統的に多い組み合わせとのこと。細かい刺繍や金貨の飾りもすべて手作業でできています。とても素敵ですね。
  5. ブータン出身のヒュントゥショ・ワンモさん(左)とドルジ チョグイエル(右)さん。キラと呼ばれる女性の民族衣装とゴと呼ばれる男性の民族衣装です。ブータンでは、1989年より日常着として公の場での民族衣装の着用を国民に義務付けられているそうです。
  6. 芳賀所長と一緒に記念撮影。
  7. 芳賀所長と農村女性能力向上コースの女性研修員。皆さん晴れやかな笑顔です。