JICA研修員 in ひたち学院幼稚園

2010年12月3日

ヒッポファミリークラブ主催で、11月20日(土)、ひたち学院幼稚園で国際交流会を実施しました。

1997年から始まったこの交流会は、今年で14回目となります。

【画像】

一緒に楽しく交流しました

JICAからは、イラク、シリア、フィリピン、ミャンマー、ガーナの研修員8名が参加しました。

研修員は、日本語、英語、母国語の3ヶ国語を使って、園児たちに自己紹介をしました。

【画像】

みんなで輪になって

音楽に合わせて踊りをしたり、研修員の母国語で「色」を言って、色当てゲームをしたりと、楽しく和やかな雰囲気の中で交流ができました。

【画像】

心のこもったプレゼント

園児たちより、研修員へ心のこもった手作りのペンダントと、今日の日のために、一生懸命練習した歌のプレゼントがありました。

【画像】

みんな一人ひとりと握手

交流会の最後に、研修員からは、次のようなスピーチが述べられました。
「自分の国に置いてきた我が子の小さいときを思い出した。このような子どもたちと、いろいろな外国人と、大人もまざりあって交流する会を、是非、今後も広げて続けてほしい」(フィリピン)
「肌の色をまったく気にせずに、元気に手をつないでくれる子どもたちは、スペシャル」(ガーナ)
「毎日ここに通いたい」(インドネシア女性)

(園児たちの声)
「はじめ背が高い人もいて、こわいかと思ったけど、声をかけてくれたら、やさしくてずっと手を握って遊んでもらったよ」
(先生からの声)
「明るい研修員の方が多くて、参加した父兄も楽しかったと聞いています。来年は、園児の歌のプレゼントを外国語で歌うことを計画しています」

美しい秋空のもと、園児たちと研修員の「こころ」に楽しい思い出が深く、刻まれる1日となりました。