JICAとベトナム政府が円借款貸付契約(L/A)を調印

2009年11月10日

【写真】【写真】

チャン・スアン・ハー財政次官と大島賢三副理事長によるL/A署名

11月10日、Tran Xuan Ha(チャン・スアン・ハー)財政次官と大島賢三副理事長との間で、中小企業支援事業などの前期分5案件(649億円)、緊急財政支援円借款と貧困削減支援借款などの2件(549億円)合計7案件(約1,200億円)にかかる円借款貸付契約(L/A)が調印されました。

供与対象の前期案件は、以下のとおりです。

(1)中小企業支援事業(III):
中小企業の資金アクセスを改善するため、ベトナム国家銀行を通じツーステップローンにより金融機関に資金を提供することともに必要な技術支援を行います。
(2)省エネルギー・再生可能エネルギー導入促進事業:
ベトナム開発銀行(VDB)を通じたツーステップローン等により、省エネルギー促進・再生可能エネルギー活用等に必要な中長期資金を供給します。
(3)タイビン火力発電所及び送電線建設事業(I):
北部のタイビン省において石炭火力発電所(600MW)等を建設します。
(4)国道一号線バイパス道路整備事業(II):
メコン川支流ハウ川を渡河するカントー橋のバイパス道路を整備します。
(5)貧困地域小規模インフラ整備事業(III):
貧困地域において小規模インフラ(道路・電力・給水・灌漑)を整備します。
(6)(7)第8次貧困削減支援借款(景気刺激支援含む):
緊急財政支援は、世界的な金融・経済危機の下、税収減等により、必要とされる内需拡大政策の実施が困難となっているベトナム国に対し、景気刺激策を促すために行うものです。ベトナム政府が第8次社会経済開発5ヵ年計画(2006〜2010)に基づき推進する各種改革(特に投資・ビジネス環境整備、公共財政管理、計画策定プロセス、環境管理、汚職対策、金融セクター・国営企業改革)を、財政面で支援します。