JETRO逆見本市にJICAブースを出展

2009年11月13日

【写真】【写真】

2009年11月12日(木)13日(金)に、ハノイ文化宮殿にて日本貿易振興機構(JETRO)と商工省貿易促進局共催の「部品調達商談会」が開催されました。これは毎年、ハノイとホーチミン市で交互に開催されている日越産業界恒例のイベントで、今年のハノイ開催で6回目の開催となります。

本商談会は、ベトナムに進出している日系製造企業の現地部品調達を促進することを主な目的としており、ベトナムのローカル企業が各々のブースで「日系企業に売りたい部品」を展示すると同時に、日系企業が「ベトナムのローカル企業から買いたい部品」を展示することから、通称「逆見本市」と呼ばれております。

JICAは昨年のホーチミン市に続き、関係機関として本逆見本市にブースを出展し、主にベトナムのローカル企業を対象として、我々が日頃から取り組んでいるベトナム企業の技術力・競争力強化のための各種支援やサービスの利用を呼びかけました。

具体的には、日本ベトナム人材協力センター(VJCC)で開催している企業向けビジネスコースの案内や実績紹介、シニア海外ボランティアが配属先ベトナム政府機関とともに行っている各種中小企業支援サービスの案内、また、今般新たに開始予定であるシニア海外ボランティアチーム派遣によるベトナムローカル企業に対する各種現場指導の案内などを行いました。

両日共に多くの参加者に恵まれ、また、シニア海外ボランティアの皆様の積極的なブース運営支援もあり、JICAブース出展は成功裏に実施することができました。