一次選考【20~39歳の方】

一次選考の内容

技術審査(書類審査)

職種別試験問題に職種毎に試験問題が掲示されますので、問題の有無を必ず確認し所定の用紙に解答してください(毎回、未提出の受験者が見受けられますので、ご注意ください)。

応募書類をもとに各専門分野の選考委員が応募者の技術と要請を照らし合わせて、適合性を総合的に評価します。「応募用紙」、「職種別試験解答用紙」には、要請されている内容に対して対応が可能であることが分かるように記述してください。必要な職種についてご提出がないと一次選考ができず、一次不合格となります。

語学力審査

応募時に提出していただく「語学力申告台紙」の申告内容を基準として行います。「語学力申告台紙」に記載されている「語学力目安表」を参照し、ご自身の語学力を証明する語学スコアとともに応募時にご提出ください。スコアの取得時期に制限を設けませんので、過去に取得された語学スコアをお持ちの方は、「語学力目安表」に記載された資格であるかご確認のうえ、提出してください。英語については、今期より、自宅PC受験可能な資格が追加になりました。
詳しくは語学力審査についてをご覧ください。

健康診査(問診票)

開発途上国の医療衛生事情は日本とは異なります。これを踏まえた上で、提出された「問診票」をもとに応募者の健康状態を審査します。

問診票は正確に申告してください。未申告または虚偽の申告があった場合は派遣中止や派遣期間の短縮となります。この場合、手当や旅費等の返還をしていただくことがあるほか、療養費給付が受けられないことがあります。

一次選考合否通知

2016年12月6日(火)

合否にかかわらず合否通知を上記の日に発送します。
また、同日中に本ウェブサイト「新着情報」で選考結果を受験番号にて発表します。
二次選考の詳細スケジュールについては郵送される文書にてご確認下さい。

  • ※文書はすべて応募者調書記載の現住所(海外居住者は家族連絡先)に郵送します。再送やデータでの送信は行いませんのでご注意ください。一定期間不在の場合は必ず事前にご連絡ください。
  • ※受験番号は応募受領通知(11月17日(木)目安で送付)でご確認ください。受験番号の問い合わせにはお応えできません。ご自身で管理ください。
  • ※一次選考に合格された方には健康診断書を送付しますので、二次選考当日までに受診の上、持参してください。
青年海外協力隊
/日系社会青年ボランティア
短期ボランティア