シニア海外ボランティアロスター制度

シニア海外ボランティアロスター制度とは、開発途上国から需要の高い職種について経験、語学、健康等について一定レベルをクリアした方を予め人材として登録し、受入国からの要請に対し、より迅速に的確な人材を派遣し、活動してもらう制度です。活動は受入国からの要請によって決まるので、長期、短期、どちらの場合もあります。

応募資格

応募にあたっては、シニア海外ボランティアの応募資格の他、以下の条件をすべて満たしている必要があります。

  • 2012年4月1日以降に出発した長期シニア海外ボランティア(派遣期間1年以上)の経験がある方(原則として応募職種での経験とします)
  • 2018年3月31日現在で67歳以下の方
  • JICAが指定する語学レベル(英語・西語・仏語)「B」以上の方語学レベルの目安表でご確認ください。
  • 随時、さまざまな受入国からの派遣要請に応えることができる方(時間的な融通が可能な方)

応募方法

1.募集・選考スケジュール

ロスター制度の募集及び選考は短期ボランティアの募集・選考スケジュールと同様です(募集期間は予定)。

  募集期間 一次合否 面接 二次合否
第1回 2017年4月20日~
6月1日
2017年6月30日 2017年7月20日~24日のうち
JICAが指定する1日
2017年8月7日
第2回 2017年8月1日~
8月31日
2017年10月3日 2017年10月19日~23日のうちJICAが指定する1日 2017年11月7日
第3回 2017年10月10日~
11月21日
2017年12月21日 2018年1月18日~22日のうち
JICAが指定する1日
2018年2月5日
第4回 2018年1月31日~
3月1日
2018年3月30日 2018年4月12日~16日のうち
JICAが指定する1日
2018年5月1日

2.応募方法

応募資格を満たし、募集職種での活動に十分なご経験、知識、技術をお持ちの方は、応募書類を全てダウンロードし、必要事項を記入の上、郵送にて募集期間内にご応募ください。

3.募集職種

募集職種については、限定しておりません。但し、シニア海外ボランティアとして活動された経験のある職種のみでの応募となり、応募できる職種は1つのみです。

4.応募書類

応募に必要な書類は以下の4種類です。
書類作成に際しては、「応募書類作成要領(PDF/724KB)」を必ずお読みください。

【提出物】

(1)応募者調書(EXCEL/108KB)
(2)応募用紙(WORD/44KB)
(3)技術業務履歴書(Excel/44KB)
(4)問診票(PDF/296KB)
   健康診断書(PDF/784KB)
   ※健康診断書は、各々の募集回の募集期間内に受診したもののみが有効となります。
   (例:第1回に応募される方は、2017年4月20日~6月1日に受診したものとなります。)
   健康診断の実施と提出について(PDF/129KB)
(5)語学力申告台紙(EXCEL/52KB)

【締切】

上記1. 募集・選考スケジュールの募集期間最終日の必着となります。
(例:第1回の場合は2017年6月1日)

※応募書類は郵送のみ受け付け。メール便、宅配便、持参不可。

【送付先】

〒102-0082
東京都千代田区一番町23番地3 日本生命一番町ビル5F (公社)青年海外協力協会内
JICAボランティア選考問い合わせ窓口 シニア海外ボランティアロスター制度担当宛

  • ※ 「シニア海外ボランティアロスター制度応募書類在中」と朱書きしてください。
  • ※ 必ず応募書類6種が全て揃っているかをご確認ください。

選考方法

1.一次選考

(1)審査内容

【技術審査】

応募書類をもとに各専門分野の選考委員が審査します。「応募用紙」にはテーマが3つ設定されていますので、すべてのテーマについて、指定の文字数、フォント、枚数を厳守し、パソコン、ワープロ等による記述をお願いします。技術業務履歴書は、可能な限り詳細に記載してください。

【健康審査】

開発途上国の医療衛生事情は日本とは異なります。そのことを踏まえた上で、提出された健康診断書をもとに、応募者の健康状態を審査します。

【語学力審査】

応募時にご提出いただく「語学力申告台紙」による申告内容に基づいて行います。

(2)一次合否通知

応募方法、1. 募集・選考スケジュールの各募集回の一次合否欄の日程を参照してください。
合否通知を各回の一次合否発表日に発送します。(合否発表は郵送のみとなります。)
二次選考の詳細スケジュールについては郵送される文書にてご確認ください。

2.二次選考

(1)面接
ボランティアとしての適性のほか、技術について審査します。

(2)日程・会場
応募方法、1. 募集・選考スケジュールの面接欄の日程を参照してください。これらの期間のうちJICAが指定する1日となります。

(3)旅費について
二次選考の旅費については、かかった費用の一部をJICAの規程に基づきお支払いします(対象者のみ。現住所が東京、神奈川、埼玉、千葉の方を除く)。

(4)二次合否通知
応募方法、1. 募集・選考スケジュールの二次合否欄の日程に合否通知を発送します。
合格後の詳細スケジュールについては郵送される文書にてご確認ください。

登録後の流れ

シニア海外ボランティアロスター制度に合格となりますと、受入国からの要請を待つこととなります。登録から派遣までの流れは以下のようになります。

  • 1.ロスター制度合格者の情報をJICA在外拠点へ通知。
  • 2.JICA在外拠点は登録者の情報を受入国政府と共有し、ニーズのある職種の要請を受入国から取り付ける。
  • 3.ロスター制度合格者へ意向を確認する。
  • 4.必要に応じ、JICAが費用を負担し健康診断を受診する。
  • 5.JICAが指定する派遣前研修を受講する。
  • 6.派遣

※1、2、3はJICAが行います。

留意点

  • 登録期間は、正式登録後2年間となります。
  • ロスター制度合格者への派遣要請は、最短1カ月の短期派遣から、最長2年間の長期派遣までが対象となります。
  • シニア海外ボランティア(長期)への応募との併願は不可です。
  • シニア海外ボランティア(短期)への応募との併願は可能です。(なお、同じ募集回に限ります。)

短期ボランティアへの
応募と併願を考えている方へ。

健康診断書については、シニア海外ボランティアロスター制度で指定されているフォーマットで受診の上、コピーを二部ご用意ください。そのうえで健康診断書オリジナルについては、シニア海外ボランティアロスター制度の応募書類、コピー一部については短期ボランティアの応募書類として、各々提出してください。なお、残りのコピー一部については、ご自身用で保管をお願いします。

  • ロスター制度に合格し、派遣がまだ決まっていない状態であれば、登録期間中に、シニア海外ボランティア(長期又は短期)へ応募することは差し支えありません。しかしながら、応募書類の提出は、応募するボランティア用に指定されたものを改めてご提出いただく必要があります。
  • ロスター制度合格者となっても、必ず派遣されるとは限りませんので、予めご了承ください。
  • 日系社会シニア・ボランティア(長期・短期)はシニア海外ボランティアロスター制度の適用外です。
  • 2016年度まで実施されていた専門家定期テスト(仏語・西語)は2017年度から受験できなくなりました。
  • 以下に該当する方は、登録が解除となります。
    • 登録期間中に満70歳を迎えた方。
    • 健康診断の結果、派遣不可と判断された方。
    • 青年海外協力隊事務局からの派遣要請を2回連続して断った方。
    • 登録者ご本人のお申し出により、時間的融通がきかなくなった方。
シニア海外ボランティア
/日系社会シニア・ボランティア
短期ボランティア