2018年 実施報告書

【実施報告】国際理解入門セミナー「世界の入口に立とう-とびだせ!高校生2018-新しい世界を切り開こう!-」

2019年1月20日(日)、JICA横浜にて神奈川県の高校生を対象とした国際理解入門セミナー「世界の入口に立とう—とびだせ!高校生2018」を実施しました。JICA横浜と(公財)かながわ国際交流財団(KIF)が共催で行う毎年恒例のセミナーですが、今年度は、日本の高校生66名に加え、中南米8ヵ国から来日していた日系社会次世代育成研修(高校生招へいプログラム)の研修員31名も一部参加し、言語の壁を越えた実践的な国際交流の場となりました。

アイスブレイク

まずはJICA横浜の2階にある海外移住資料館にて移民カルタ(注1)を使った宝探しゲームを体験。日本の高校生と中南米から来た日系の高校生(以下、研修員)の混合チームを結成し、各チーム内でシンプルな日本語や英語を使って自己紹介をし合うところから始まりました。展示資料を通し、日系研修員のルーツともなる移住者の歴史に触れながら、メンバーと協力し合いミッションをクリアしました。

(注1)日本人の海外移住の歴史、移住者や日本に住む日系人の生活や心情など、移民に関する様々な事柄をカルタにしたもの。

レクチャー&ワークショップ

【画像】

ワークショップの様子

【画像】

ワークショップの様子

1つ目のプログラムとして講師を務めていただいたのが、小貫大輔さん(東海大学教養学部国際学科教授)と星久美子さん(東海大学UNESCOユース事務局)。お二人とも中南米に滞在されたご経験が豊富であり、冒頭からスペイン語やポルトガル語による挨拶、アクティビティが行われました。初めは、母語が異なる研修員を相手にコミュニケーションの不安や緊張を感じていたようですが、アクティビティで一緒に盛り上がったり、伝わった時の喜びを感じ合ったりしながら、どんどん打ち解けていった様子でした。その中でお互いや異国間の違いや共通点を発見し、多文化の繋がりや共生について理解を深めていきました。

ランチ交流会

【画像】

ランチ交流会の様子

ワークショップで仲を深めた研修員たちとグループになり、特製ランチをいただきながら、様々な話題が飛び交いました。学校や食、趣味の話などについて話す中、好きな日本のYoutuberや趣味のスポーツが同じであったり、自分の住んでいるところが研修員の祖先の出身地であったりと、意外な共通点があったことがわかり、楽しそうに盛り上がっている様子が見受けられました。研修員とはランチ交流会後にお別れとなり、最後に名残惜しそうに挨拶したり写真を撮ったりする姿が印象的でした。日本語の得意・不得意がありながらもみんなで助け合いながら臨んでくれた研修員たちでしたが、改めてもっと日本語を学びたいという向上意欲も湧いたようです。

グループ哲学対話

【画像】

グループ哲学対話の様子

【画像】

グループ哲学対話の様子

午後には、土屋陽介さん(開智日本橋学園中学高等学校教諭)ら7名のファシリテーターを招き、「新しい世界を切り開こう!」というテーマのもと、哲学対話(注2)の手法を用いてグループディスカッションを行いました。参加した高校生からは「自分の中での考え方を相手と共有することで、考え方が変化したり、逆に自分の考えがより深まったりすることが、今までに無い経験で刺激的だった」、「自分の考えが哲学対話中にころころと変わるのを実感しました。初めから意見を出すことは難しいですが人の意見を真剣に聞くことで自分の考えが本物になることが分かりました」などのコメントがあり、普段の生活の中では行うことがないほど深く考え、それを共有し合うことがとても刺激的で貴重な経験となったようです。

(注2)哲学対話とは、身近にあるけれど考えてみると実はよく分からない事柄について、参加者同士で、ゆっくりじっくり対話をしながら考え合い、思考を広げ深めていく活動です。

参加者の感想より(アンケートからの一部抜粋)

  • 自分の視点とは全く違う着眼点を持った人たちとの意見交換ができたことで、自分の視野をさらに広げていくことが必要だと感じました。
  • 相手とのコミュニケーションにおいて相手の生まれ育った環境のことなど、その人のことについての知識を深めることで快適なコミュニケーションにつながると思います。言語・文化・宗教・歴史的な背景を知る事が大切であると再認識しました。
  • さまざまなバックグラウンドの人とたくさん話し合うのは、それだけの分新しい価値観に出会えるし、興味深いし、もっと深く自分のことやいろんな事が知れて非常に楽しかったです。

JICA横浜では、来年度も高校生世代を対象とした国際理解入門セミナーを実施する予定です!日程やプログラムが決まり次第、JICA横浜のウェブサイトでご案内しますので、ぜひお見逃しなく!