2014年度教師海外研修 タンザニア

【画像】

2014年度は、神奈川県と山梨県の先生たち10名がタンザニア連合共和国での海外研修に参加しました。

日本での事前研修では、過去2年の教師海外研修(タンザニア)に参加された先生方も講師として関わり、タンザニア事情や帰国後の実践授業の進め方について学びました。

海外研修では、インド洋に浮かぶザンジバル島を中心に、タンザニア第一の都市であるダルエスサラーム、そして地方都市モロゴロを訪問しました。

タンザニア各地では、水や電気など生活に欠かすことのできないプロジェクトの現場で日本人専門家や共に働くタンザニア人スタッフの話や現地の住民の話を聞いたり、青年海外協力隊の活動現場を見学しました。また、日本に研修員として来日経験のあるタンザニア人家庭でホームステイをする機会にも恵まれ、生活体験をしました。

海外研修では、タンザニアの人々と一緒に人づくり、国づくりにひたむきに取り組む日本人専門家や青年海外協力隊員の活動から様々なことを学び、そして生活を共にすることで現地に溶け込み、交流を楽しみながら、タンザニアの実情を感じることできました。

【画像】

研修報告書