• ホーム
  • JICA横浜
  • 【参加者募集】JICA横浜開発教育教員ネットワークセミナー「カンボジアから見えるわたしの姿〜子どもがつなぐ日本とカンボジア〜」

【参加者募集】JICA横浜開発教育教員ネットワークセミナー「カンボジアから見えるわたしの姿〜子どもがつなぐ日本とカンボジア〜」

Asante!による過去のセミナーの様子。上からワークショップの様子、カンボジアとのスカイプ交流、参加者の皆さん

日時:
2017年11月25日(土曜日)
13時00分〜17時00分(12時45分開場)
会場:
JICA横浜 4階 かもめ【会場地図
主催:
Asante!、JICA横浜

後援:
  神奈川県教育委員会(予定)、横浜市教育委員会(予定) 
  川崎市教育委員会(予定)、相模原市教育委員会(予定)

参加費:
  無料

対象:
  国際理解教育、開発教育、グローバル教育等に関心のある教育関係者

内容:
  ・Asante!による子ども向け国際理解教育ワークショップ
  ・参加教員同士でのワークショップ振り返りと国際理解教育について意見交換等

定員:
  30名程度

申し込み方法:
  お名前、ご所属・担当教科、ご連絡先を記入の上、下記お問い合わせ先にメールにてご連絡ください


 JICA横浜とJICA教師海外研修OB会「Asante!」が共同で、教育関係者を対象とした小・中学生のワークショップ体験見学と参加者同士で意見交換を行うセミナーを開催します。

 皆さんは国際理解ワークショップを体験している子供たちの姿を、ご覧になったことはあるでしょうか。
 このセミナーでは開発教育や国際理解教育、グローバル教育等にご関心のある教育関係者を対象に、小学生・中学生がワークショップを体験している様子を見学頂き、さらに当日参加した教育関係者同士でワークショップ内容について、意見交換を行います。

 今回行うワークショップは、カンボジアと日本の日常生活について比較を行います。日本の日常はカンボジアでは日常でしょうか、非日常でしょうか。それぞれの違いを通して、自分自身について考えるとともに相互理解を深めていくワークショップです。
 参加される皆さんにはワークショップを通して、子供たちにどのような学びや気づきがあるかを見学いただきます。
 その後、参加者同士でワークショップの内容や子供たちの様子について振り返り、学校現場での活用方法についての意見交換等を実施します。
 
 ワークショップを取り入れた授業を実践してみたい方、他の教員のワークショップを参考にしたい方、開発教育や国際理解教育の仲間が欲しい方など、皆さまの参加をお待ちしています。
 JICA横浜で学んだことを、学校に持ち帰りぜひご活用ください。


◆Asante!(アサンテ)について:
 Asante!は、JICA横浜のプログラムである、「教師海外研修」参加者を中心に設立した団体です。今では、青年海外協力隊出身の方や、一般の方など、幅広い方達を中心にして活動しています。
 ワークショップでは、小学生・中学生が参加し、世界で起こっている様々な出来事について考えます。子どもたちが主役のNGO!それがアサンテです。

お問い合わせ:
株式会社メディア総合研究所 JICA横浜開発教育教員向け研修運営事務局
TEL:0120-441-172
FAX:03-5414-6510
E-mail:jica-yokohama@mediasoken.jp