「わたしが見た、持続可能な開発目標(SDGs)」写真展

大賞(外務大臣賞)受賞作品:「消費者の目」
撮影:ニコラス・モンテベルデ=ブスタマンテ(ペルー)

日時:
2017年11月25日(土曜日)から2018年1月8日(月曜日・祝日)
会場:
JICA横浜 2階 回廊ギャラリー【会場地図
主催:
JICA横浜、国連広報センター、上智大学

特別協力:
  ゲッティイメージズジャパン

入館料:
  無料

 「わたしが見た、持続可能な開発目標(SDGs)学生フォトコンテスト」は、SDGsを多くの若者に知ってもらうことを目的に、国連広報センターと上智大学がゲッティイメージズジャパンの特別協力により開催したものです。
 2016年度は、ブラジル、ペルー、アフガニスタン、日本など47カ国・5大陸の大学生・短大生・大学院生・専門学校生から、600点以上の作品の応募がありました。JICA横浜では、本コンテストでの入賞作品15点を展示します。

 入賞作品は、SDGsについての考えを写真で表現し、共に取り組んでいく大切さを訴えかけるものです。この写真展をきっかけに、多くの方々にSDGsの理解を深め、まずは一人ひとりができることについて考えていただきたいと願っています。     
 本写真展は、株式会社ニコンのご協力で可能となりました。

 また、現在、JICA横浜 1階ギャラリーにて企画展示「SDGs―未来をつくる17の約束―」を開催していますので、こちらもあわせてご覧ください!

お問い合わせ:
JICAプラザよこはま
担当: 初田
電話番号:045-222-7161