【2016年度日系社会次世代育成研修(中学生招へいプログラム)第2陣】日本に行くのが夢だった!日本でチャレンジしたこと!

2017年2月17日

パラグアイの真里菜さん(左) ブラジルのひでおくん(右

 1月11日から約1か月、ブラジル、ペルー、ボリビア、パラグアイ、アルゼンチンの5か国から36名の日系中学生が来日しました。日系中学生たちは「日系社会次世代育成研修」に参加し、日本人移住の歴史と日系社会を学ぶとともに、日本文化、公立中学校への体験入学、関西地方への研修旅行、ホームステイなど様々なプログラムを体験しました。

 今回は日系中学生の中からブラジル出身の横飛ラファエルひでおくんとパラグアイ出身の森貝真里菜さんにインタビューをしました。

ブラジル日系4世の横飛ラファエルひでおくん 

ブラジルの横飛ラファエルひでおくん

 ひでおくんは、同じ日本語学校で以前この研修に参加したことがある先輩から研修の話を聞いことがきっかけで、研修への参加を決意しました。

 ひでおくんは小さい頃は日本語が全くできなかったと言います。しかし10歳の頃から太鼓を習い始めたことをきっかけに、徐々に日本文化に興味を持つようになり、それから日本語を一生懸命勉強するようになりました。憧れの日本に行きたいという強い気持ちで勉強した結果、今年日本語能力試験N1レベルにも合格しました。

 研修で最も印象に残ったことは中学校への体験入学です。日本の部活動を体験し、ひでおくんが漫画の世界でしか見たことがなかった「先輩と後輩の上下関係」に驚いたと言います。また日本人が持つ年上の人に対する尊敬の気持ちを改めて感じたと言います。

 ひでおくんは「帰国後は自分が研修で学んだことや経験したことを周りに伝え、日本文化に興味がない日系人の子どもたちに日本への興味を持ってほしい」と話していました。
また、今回研修に参加したことで、将来は日本に留学したい気持ちが強くなったと話してくれました。

パラグアイから来た日系3世の森貝真里菜さん  

パラグアイの森貝真里菜さん

 真里菜さんが研修に参加した理由は、今まで何事にも受け身だった自分を変えたい、新たなことにチャレンジしたいと思ったからです。「研修に参加するため、現地で作文を一生懸命書き、面接を乗り越えてやっとこの研修に参加することができました」と話してくれました。
 真里菜さんはこの研修に参加するまでは、他の国の日系人と話したことはなかったと言います。「移住学習の中で、私たちのおじいちゃんやおばあちゃんの出身地を日本地図にマークするプログラムがありました。驚いたことに、おじいちゃんやおばあちゃんの出身地が沖縄や長崎等の都道府県に集中していました。それまでは他の研修員の話を聞きながら、同じ日系人でも生活している国や地域が異なることによって、文化や習慣に違いがあるのだな、と思っていましたが、この移住学習を通じて私たちはもしかすると遠い親戚かもしれないな、とも感じました」。

 パラグアイでは人前に立つことが恥ずかしかった真里菜さんですが、この研修中に中学校体験入学で全校生徒の前でスピーチをする等、大きな一歩を踏み出せたと言います。
 パラグアイに帰国後、日本で行動したことやチャレンジしたことを誇りに思い、現地でも色々なことにチャレンジしていきたいと話してくれました。

日系社会次世代育成研修とは

 中南米地域各国にある日系社会の将来を担う子どもたちの日本に招聘し、日系人としてのルーツを知り、アイデンティティを確認してもらうことを目的に、JICA横浜で実施している研修。本研修に参加した日系人の方々は中南米と日本の懸け橋として幅広い分野で活動しています