【開催報告】JICAの中小企業海外展開支援セミナー@藤沢

2017年3月13日

セミナー会場の様子

パネルディスカッションの登壇者

 JICA横浜国際センター(JICA横浜)は、2月7日、藤沢商工会館において、地方自治体、産業振興支援機関や中小企業の皆様を対象として、JICA支援を活用した海外でのビジネス展開に関するセミナーを開催しました。
 神奈川県内を中心とした地方自治体や産業振興支援機関、中小企業から30名を超える方のご参加をいただきました。

 
 セミナー第1部では、JICA 横浜の広瀬恵美課長補佐からJICA 中小企業海外展開支援事業に関する説明を行い、その上で川崎市上下水道局経営管理部経営企画課係長、升潟大介氏より川崎市の国際展開の推進方針や官民が連携して水ビジネスを推進するプラットフォーム「かわさき水ビジネスネットワーク」の活動、上下水道局及び経済労働局の取組につきご発表いただきました。
 続いて、ワコー商事取締役、長田昌樹氏から海外戦略やJICA事業(案件化調査)に応募した経緯、フィリピンの調査の進捗状況についてご紹介いただきました。

 
 第2部では、水道テクニカルサービス代表取締役、大島健司氏より、インドやベトナムで実施した漏水調査に関するJICA事業紹介(案件化調査・普及実証事業・草の根技術協力)や今後の展望、また同社で採用した青年海外協力隊の経験者の活躍についてご説明いただきました。
 最後に岡部JICA進路カウンセラーから民間連携ボランティアや帰国した青年海外協力隊を企業が採用した事例紹介などを行いました。
 その後、パネルディスカッションとして海外展開に向けた人材の活用方法やJICA事業実施後のビジネス展開の事例等、多様な角度からJICA事業の活用可能性について活発な議論を行いました。

 
 セミナー参加者からは「実際に制度を利用している組織からの発表を聞き、大変に参考になった」、「具体例が示され理解が深まった」という意見が多く、大変好評でした。

 JICA横浜では、事業化が進んでいる企業に登壇いただくなど、今後も各種セミナーを開催していきます。