【2017年度日系社会次世代育成研修(大学生招へいプログラム)】また日本に戻ってきます

2017年8月4日

【画像】研修旅行先(宮城県岩沼市の千年希望の丘)にて

 6月26日から約1カ月間、アルゼンチン、コロンビア、ドミニカ共和国、パラグアイ、ブラジル、ベネズエラ、ペルー、ボリビア、メキシコの9カ国から20名の日系大学生が来日し、日系社会次世代研修(大学生招へいプログラム)に参加しました。研修では日本の海外移住の歴史や日系人のアイデンティティ、日系社会の課題に関する講義やディスカッション、日本文化体験、大学での研修、東北への研修旅行といったプログラムを通じて多くのことを吸収しました。
 今回はペルーとメキシコの二人にお話を聞きました。

ペルー日系3世のクロキ スズキ ダニエラ シルバナさん

ダニエラさん

 私はペルー北部のピウラ県にある、ピウラ・ペルー日系人協会に所属しています。地方に暮らしていることで、首都リマの日系人協会で行われる活動にあまり参加できないこともあり、ピウラの日系人コミュニティーでは若い人たちの日本文化離れが進んでいると感じていました。今回、大好きなピウラの日系人コミュニティーをもっと強く、活気あるものにして守っていくためのヒントが得られると思い、この研修に参加しました。でも日本語が話せないため、参加前はとても不安でした。ペルーでの選考では日本語が話せない人は少なく、自分はだめだと思いましたが、選ばれたのは日本語がほとんどできない2人でした。そこで、「あぁ、この研修は日本語ができることではなく、どれだけ日系社会や自分のルーツについての考えや関心があるかが大事なんだ」と感じました。

メキシコ日系2世のララ 三島 アラン賢さん

賢さん

 僕はメキシコの中西部にあるアグアスカリエンテス市から来ました。日本には何度か来たことがありましたが、いつも祖父に会いに行っていたので、若い人と関わることはほとんどありませんでした。メキシコには他の国にあるような日系人コミュニティーはなく、私の住むアグアスカリエンテスにはメキシコシティーにあるような日系人が集まる場所もありません。今回研修に参加したのは、研修で学んだことを活かして、アグアスカリエンテスで初めての日系人グループを作って、日本や日本人に対する理解を深める活動をしたいと思ったからです。

研修を振り返って

【画像】(ダニエラさん)日本での研修は期待していた以上に多くのことを学びました。実際に日本で生活し、講義を受けることは、ペルーで講義を聴いたり、人から話を聞くこととは全く違います。日本で見たもの聞いたものすべてが私の実体験として残っています。

(賢さん)今回自分と同じように2つの国にルーツのあるたくさんの若者に出会って、まず驚いたことは他の国には日系人コミュニティーがあり、ボリビアなどには日本語力の高い同世代の若者がいるということです。

(ダニエラさん)私は幼いころ、よく「中国人?」と言われました。でも私は中国人ではありません。「私はいったい誰なんだろう、どこから来たんだろう」と思っていました。私は日本人よりもペルー人に近いと思いますが、今回日本で生活し日本の文化を体験し、移住の歴史や日系人について考えたことで、今は「中国人?」と聞かれたら、「日系人です」とはっきりと言えます。

(賢さん)ダニエラは本当に一生懸命勉強して、日本や日本文化の中に入ろうと真剣に学んでいました。この研修で日本語にももっと興味を持つようになって、僕も嬉しいです。

(ダニエラさん)日本での生活はペルーとは全く違いました。日本では電車の中で大きな声で話す人がいないので、私もおしゃべりをする代わりに車内広告のカタカナをたくさん見ました。そしてカタカナをきっかけに、言語的に日本語にとても興味を持ち、日本語を勉強したいと思うようになりました。今回の研修で上智大学に行きましたが、将来、日本語の研究をするために、もう一度上智大学に戻ってきたいと思います。いえ、戻ってきます。

(賢さん)僕はこの研修に参加して人生の目的が変わりました。研修に参加する前までは日本以外の国への留学を考え、準備を始めていました。でも今回、実際に大学に行ったり、日系人への奨学金の存在を知り、日本で学びたいという気持ちが強くなりました。今は、大学卒業後は日本の大学院に留学したいと思っています。日本語能力試験もN2までで良いと思っていたけれど、留学するためにもN1を目指して更に勉強を続けます。

 ダニエラさんと賢さんは、帰国後はピウラとアグアスカリエンテスというそれぞれの地で、日系人として同世代の若い日系人を巻き込みながら、これからの日系社会をリードする若者です。二人を含む20名の若者が、数年後、どこで何をしているか、彼らの将来がとても楽しみです。

日系次世代研修教育研修とは

中南米地域各国にある日系社会の将来を担う若者を日本に招聘し、日系人としてのルーツを知り、アイデンティティを確認してもらうことを目的に、JICA横浜で実施している研修。本研修に参加した日系人の方々は中南米と日本の懸け橋として幅広い分野で活動しています。