JICA海外移住資料館、来館者50万人突破!

2017年8月25日

 8月25日(金)、JICA横浜・ 海外移住資料館の来館者数が50万人を超えました。開館以来15年間にご来館いただいた皆さまに感謝申し上げます。
 50万人目となったのは、横浜市神奈川区にある神奈川学園中学校から来館した女子中学3年生6名と引率の先生1名のグループです。

 記念式典では、朝熊館長より記念証明書と記念品を贈呈しました。引率の佐藤岳教諭からは、「突然の事で驚きましたが大変光栄に思います。本校では3年生が3月に海外研修を計画しており、多文化共生社会の在り方を考える総合学習の一環として、『どのような時に人は国境を越えて動くのか』を考えるためこちらの資料館にお世話になっております。とても内容が充実した資料館だと思いますので、次の100万人目指してこれからもがんばってください」とのコメントをいただきました。

 式典後、生徒のみなさんは、展示案内ボランティアの説明を熱心に聞きながら館内を見学しました。生徒の一人は、「展示が分かりやすく、案内ボランティアの説明も理解しやすいので、移住のことを沢山学習することができました。この学習を海外研修に活かしたいです」と話してくれました。

 海外移住資料館は、日本人の海外移住の歴史と日系人の活躍についての理解を広めることを目的として、2002年にJICA横浜に開設されました。戦前戦後の日本の移住史や日本人移住者の暮らしを伝える「常設展示」と、定期的に更新される「企画展示」で構成されています。

 現在開催中の企画展示では、米国ハワイの日系社会を特集した「写真展 ハワイ日系人の歩み」を行っています。明治元年にハワイに移住した「元年者」や1885年の第1回ハワイ・日本官約移民に関する展示に加え、戦争中に活躍した「日系人部隊」や日本の戦後復興に貢献した日系人に関するパネルも用意。ハワイ日系人に関する映像資料も上映しています。
 好評により、展示期間を9月18日まで延長しましたので、この機会にぜひ足をお運びください。

【画像】  

左端が佐藤岳教諭、右端が朝熊由美子・JICA海外移住資料館長