【技術協力プロジェクト】水道公社の優先課題や目標を共有するための第2回ワークショップを開催

2018年6月8日

ザンビア政府は2030年までに都市部の給水率を100%にすることを目標としています。そのため、水道公社の健全な運営体制の確立のための運営計画や適切な技術力の保持・向上のための人材育成計画の確立が急務となっています。このような背景の下、JICAは2017年2月より「上水道運営維持管理能力強化プロジェクト」を実施しています。本プロジェクトは、1)水道公社の課題を抽出するための評価マニュアル作成、2)マニュアルを活用した課題抽出、3)課題解決のための中期事業計画および人材育成計画の策定—から構成されています。