新着情報

公式SNS

twitter

facebook

youtube

linkedin

北岡理事長メッセージ

画像.代替テキスト

今我々は、未知のウイルスと戦っています。日本で封じ込めに成功しても、他国で抑制できなければ、日本が日常を取り戻すことは困難です。この戦いは長く続くでしょう。今こそ、感染症との闘いにおける国際的な協力が必要です。日本国民の負託を受け国際協力の最前線に立つ者として、我々の決意と覚悟をここに記したいと思います。

JICAの取り組み

調査研究

感染症による健康危機(生命、健康の安全を脅かす事態)、および感染症が経済・社会に与える影響への対応は、グローバルな課題です。JICAは「人間の安全保障」を実現するというミッションのもと、途上国が将来にわたってパンデミックその他の危機に対応できる強靭性を向上できるよう、調査研究による知見の蓄積、発信に取り組んでいます。

実施中の協力・実績

JICAはこれまで、相互の信頼に基づき相手国の自立性を尊重しながら、途上国における感染拡大防止のための能力構築(感染予防、検査、治療等)、信頼できる保健医療システムの強化や人材育成に力を入れてきました。また、パンデミックの影響を抑制し、強靭な社会をつくるための他セクターの協力も広く展開しています。さらに、JICAのパートナー国・機関では、これまでの協力を通じて育ってきた「人財」が各国の最前線で活躍しています。

新たな挑戦

未知のウィルスとの闘いは、私達の社会を大きく変えていくことが予想されます。
変化に翻弄されるのではなく、私達自身がよりよい変化を創り出し、より良い未来を築くために。
強靭で持続可能な社会の構築に向けて、様々なパートナーとともに、国際協力のあるべき姿や革新的手法を検討、実施していきます。

ブログ(途上国は今)