ペルーにおける地震・津波減災技術の向上プロジェクト

(Project for Enhancement of Earthquake and Tsunami Disaster Mitigation Technology in Peru)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ペルー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2010年3月〜2015年3月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

環太平洋地震帯にある、地震・津波多発国のペルー。2001年、2007年と相次いで発生したマグニチュード8を超える大地震によって、同国は数百名の死者と数万の建物の倒壊・大破という大きな被害を受けました。海溝型地震は周期性を持って繰り返し発生するため、ペルーでは今後も同様の地震・津波が発生することは確実で、中でも日干しレンガ住宅で暮らす貧しい人々などが大きな被害を受けると予想されています。この協力では、かつて設立を支援した日本・ペルー地震防災センターとの協力のもと、将来の地震・津波被害リスクを的確に予測し、被害を軽減するための技術の研究・開発を支援しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ご利用ガイドをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報