(科学技術)マレーシアにおける地すべり災害および水害による被災低減に関する研究プロジェクト

(Research and Development for Reducing Geo-Hazard Damage in Malaysia caused by Landslide and Flood)

【写真】プロジェクトの様子

国名
マレーシア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2011年6月〜2016年6月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

マレーシアでは人口増加や都市化の影響に加え、気候変動により降雨量・降雨パターンが変化し、洪水と地すべり災害が今後ますます拡大することが懸念されています。しかし、十分な技術や経験を有する国内人材が乏しいため、実質的な災害低減システムの開発が遅れています。この協力では、リモートセンシングや早期警報・避難システムの構築、行政機関・民間企業・地域住民の連携体制の構築に係る技術移転と人材育成を支援します。これにより、地すべりおよび洪水災害に関する災害リスク管理システム試行版の構築、提案を目指します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ご利用ガイドをご覧ください。

協力現場の様子