テヘラン地震災害軽減プロジェクト

(Capacity Building for Earthquake Risk Reduction and Disaster Management in Tehran)

【写真】プロジェクトの様子

国名
イラン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2012年3月〜2015年3月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

イランの首都テヘラン市は、地震多発地帯に位置し、約150年周期で大地震が発生しています。しかし、適切な防災システムが不備のまま急激な都市化が進んでいます。日本はこれまでも地震の被害想定やマスタープランの策定などの協力を行ってきました。今回の協力では、道路防災関連計画、コミュニティ防災関連計画、早期警報関連計画の策定や運営などに係るテヘラン市総合防災管理局の能力向上を支援します。これにより、道路防災、市民啓発、早期警報の3分野における同市の地震災害対応への備えが向上することが期待されます。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ご利用ガイドをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報