作業療法士

「作業療法士」隊員とは?

病院や障害児者施設、特別支援学校、地域において作業療法の実施支援、CBR(地域社会に根ざしたリハビリテーション)活動の実践・普及などを行います。対象は小児から高齢者までとなりますが、疾病や障害は派遣される国や地域の特性によって異なっています。

<活動内容例>
  • 入院・外来患者に対する作業療法への支援
  • 訪問・巡回による日常生活指導・助言
  • CBR活動の実践・普及
  • 発達障害を含む小児の療育支援
スプリント(装具)を作る勉強会を行う隊員(ベトナム)
子どもへの作業療法を行う隊員(キルギス)

「作業療法士」隊員には何が必要?

作業療法士の国家資格及び3年程度の臨床における実務経験が必要です。要請内容によっては、特定の疾患に関する知識や実務経験が求められる場合もあります。

小児リハビリテーションの実習経験・実務経験があると、対応できる活動の幅が広がります。

「作業療法士」隊員のシゴト Q&A

小児の要請が多いと聞きましたが、どのように要請を選んだらよいでしょうか。

要請の中には小児対象の要請もありますが、成人や高齢者対象の要請もあります。また、活動場所や患者の疾患なども要請によって様々ですので、これまでの経験や知識を活かせる要請を選ぶことがポイントです。将来的に応募を考えている方は、実習や職場で何らかの小児分野の経験を積んでおくと、対応できる活動の幅が広がります。

作業療法士の資格を持っていますが、「特別支援学校・学級」で活動をしたいと考えています。どのように職種を選んだらよいでしょうか。

これまでの経験や知識を活かせるかどうかが職種を選ぶポイントです。「作業療法士」、「障害児・者支援」の中には、特別支援学校・学級で活動を行うものもありますので、要請内容をチェックしてみましょう。

精神科での実務経験がありますが、外国語を介したコミュニケーションに自信がありません。

精神科の臨床は言語的コミュニケーションだけでないのは、海外でも共通です。日本で精神科の実務経験があれば、患者の不安への共感は伝わるものです。また、手芸等を用いる際には、必ずしも高度な言語能力を求められないので、内容を工夫しながら活動を行うとよいでしょう。

海外で取得した作業療法士の資格を持っているのですが、応募可能でしょうか。

応募にあたり日本の国家資格を取得していただくことが必要です。

JICA海外協力隊 シゴト検索

職種から・興味のある国から・キーワードで あなたにあった仕事を探そう 今すぐシゴトを探す(要請情報検索画面へ)

画面の見方はこちらをご覧ください。