体育

「体育」隊員とは?

「体育」隊員の活動形態には、主に、以下の3つがあります。

  • 小・中・高校での体育の授業指導や改善の助言、指導書や教材の作成、課外活動、運動会の開催支援。教員養成校での授業支援や助言。
  • 教育省やスポーツ局などでのカリキュラム改訂や研修会実施などの支援。
  • 地域の保健局やスポーツ局での障がい者や住民へのスポーツの啓発活動支援。
幅跳びを教える隊員 (ジブチ)
授業中、生徒を褒める隊員 (モルディブ)

「体育」隊員には何が必要?

教員免許(中学・高校の保健体育)や、小学校教諭免許をお持ちの方を主な対象としますが、要請の活動内容に合致した実務経験や指導経験を有する場合には、教諭免許保有者に限りません。

  • 体育やスポーツを安全に楽しく教えられる知識、または(及び)、指導経験
  • スポーツ倫理や教授法の知識
  • 現地の教員と協働して運動会などのスポーツイベントの企画・実施ができる力
  • 障害者スポーツやパラスポーツに関する知識や経験

「体育」隊員のシゴト Q&A

教員免許以外に、現地の活動で役立つ資格はありますか?

「スポーツリーダー(公益財団法人日本スポーツ協会)」、「健康運動指導士」、「健康運動実践士(公益財団法人健康・体力づくり事業財団)」、「一般体操指導員(公益財団法人日本体操協会)」、「フィットネストレーナー(公益財団法人日本スポーツ協会)」などをお持ちですと、現地での活動に有利でしょう。

現地では、体育の授業で必要なスポーツ用具は揃っていますか?

派遣対象の開発途上国では、日本の学校のように、全て揃っていることはまずありません。不自由な環境でも、現地にあるものを使い授業を行う工夫が必要です。困難な環境でも、明るく活動し、身体を動かす楽しさや大切さを教えられる隊員が、求められています。

保健体育の教員免許を取得予定の大学4年生で、経験がありませんが、活動できますか?

体育職種では、中学校・高校(保健体育)教員免許や、小学校教員免許が必要になるケースがほとんどです。大学で体育の教員免許を取得見込みの大学4年生の方や、免許は保持していても、教員経験のない方については、課外活動での指導経験や競技歴、地域での子供へのスポーツ指導歴(部活やサッカースポーツ少年団等)を参考に、現地の活動内容を考慮し総合的に判断しています。

JICA海外協力隊 シゴト検索

職種から・興味のある国から・キーワードで あなたにあった仕事を探そう 今すぐシゴトを探す(要請情報検索画面へ)

画面の見方はこちらをご覧ください。