ウランバートル市大気汚染対策能力強化プロジェクト

(Capacity Development Project for Air Pollution Control in Ulaanbaatar City)

【写真】プロジェクトの様子

国名
モンゴル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2010年3月〜2013年3月
事業
技術協力
課題
環境管理

プロジェクトの紹介

モンゴルのウランバートル市では、人口増加に伴う大気汚染問題が顕在化しています。特に冬季は、ゲル地区のストーブ、石炭火力発電所、小型ボイラー施設における生石炭燃焼により、大気汚染が著しく、市民の健康に深刻な影響を与えています。ウランバートル市では、大気に関するモニタリング、啓発、立法、政策立案などの知見・経験が不足しています。日本は、ウランバートル市と他の関係機関の人材育成とともに、ウランバートル市の大気汚染対策能力の強化を支援しています。この協力により、大気汚染物質の排出削減のための施策の強化を図ります。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ページガイドをご覧ください。

協力現場の様子

関連記事など

この案件の他の期・フェーズ