各種事業紹介

現在の場所は

案件化調査について

事業概要

事業の目的、内容

開発途上国の開発ニーズと我が国の中小企業の有する優れた製品・技術等とのマッチングを行うことによって、途上国の開発課題の解決と我が国の中小企業の海外事業展開との両立を図り、もってODAを通じた二国間関係の強化や経済外交の一層の推進に資することを目的とし、以下の調査及び事業を実施します。また、これらの取組により、より多くの途上国政府の事業やODA事業にその製品・技術が活用され、あるいは市場を通じその技術・製品が広がり、中小企業の海外事業展開とともに、地域経済の活性化の促進が期待されます。

案件化調査は、中小企業からの提案に基づき、製品・技術を途上国の開発へ活用する可能性を検討することを目的とします。

【画像】

調査対象国

JICA事務所又は支所が設置されているODA対象国を原則とします。

対象分野

「環境・エネルギー」「廃棄物処理」「水の浄化・水処理」「職業訓練・産業育成」「福祉」「農業」「医療保健」「教育」「防災・災害対策」

契約期間

数ヶ月〜1年程度

調査の経費

上限金額3,000万円(機材(同時携行できる小型の機材を除く)の輸送が必要な場合は、上限金額は5,000万円)

公示情報

説明会情報

業務説明会は終了しました。多数のご参加をいただき、誠にありがとうございました。当日の説明の様子や資料は以下でご覧いただけます。

  1. 案件化調査の募集要項に係る説明
  2. 経理処理及び支払等に関する説明

採択事業

採択事業リストはこちらから

実施済の採択事業リストはこちらから

事例紹介

外務省ホームページより確認いただけます。(本ホームページの事例紹介は外務省ホームページへリンクされます。)

【画像】
【画像】
【画像】

問合せ先