国道六号線シアムリアップ区間改修計画

The Project for Improvement of the National Highway Route 6, Siem Reap Section

国名
カンボジア
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
運輸交通
交換公文(E/N)署名
2000年5月
供与額
13.07億円

プロジェクト紹介

カンボジアの国道6号線は、首都プノンペンからタイ国境に至る全長447キロメートルの主要幹線道路です。しかし、一部の区間では維持管理が十分ではなく、舗装がはがれた部分もあるなど、緊急的な改修が必要となっていました。この協力では、未改修となっている約17.5キロメートルの区間において道路の改修と3橋梁の架け替えを支援しました。これにより、交通量が計画開始前の想定を超えて増加するなど、車両通行の円滑化と安定した物資の輸送手段の確保を図り、国家経済の復興と地方開発の推進に寄与しました。

協力地域地図

国道六号線シアムリアップ区間改修計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 無償資金協力により2002年に完成した国道の現在の様子(2012年撮影)。観光客や貨物などの長距離輸送や、通勤通学などの生活道路として活用されている。 

  • カンボジア最大の観光都市シェムリアップ市街を東西に貫く市内道路としても重要で、中心部は終日交通量が多い。 

  • 協力対象区間の終点付近であるシェムリアップ市街の西端の様子。 

  • シェムリアップ市街の東端の様子。 

  • 郊外区間では道路沿いに並木が整備されている。 

  • 郊外区間。 

  • 協力対象区間内の橋梁の全景。協力対象区間内の3橋梁のうちの一つ。 

  • 良好な状態の橋梁。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。