バハル・ヨセフ灌漑用水路マゾーラ堰整備計画

(The Project for Rehabilitation and Improvement of Mazoura Regulator on Bahr Yusef Canal)

【写真】プロジェクトの様子

国名
エジプト [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2000年6月
事業
無償資金協力
供与額
21.38億円
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

エジプトでは、食糧の確保を図るため、農地面積の拡大と農業生産性の向上に取り組んでいます。そのためには農業用水の効率的な利用が不可欠ですが、全耕作地面積の約13パーセントに配水するバハル・ヨセフ灌漑用水路の制水堰は、老朽化による配水の非効率化に加え、自然崩壊の危険が高まっていました。この協力では、老朽化したバハル・ヨセフ灌漑用水路のマゾーラ堰の改修を支援しました。これにより、効率的かつ安定的な灌漑用水の配分が実現し、灌漑システムの改善を通じて農業生産額は2.5倍以上に増大しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報