チョルテカ・バイパス橋梁建設計画

国名
ホンジュラス
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
運輸交通
交換公文(E/N)署名
2000年4月
供与額
21.16億円

プロジェクト紹介

ホンジュラスのチョルテカ橋は、1998年に日本の無償資金協力で建設されました。しかし、同年のハリケーン・ミッチによる洪水で河川幅が拡大し、チョルテカ橋への接続道路が流出しましたが、その後も改修が進まず、橋が使用できない状況でした。また、チョルテカ・バイパス道路上のイストカ橋も流出し、バイパスが通行できなくなっていました。この協力では、流出した2橋梁の復旧を支援しました。これにより、寸断された同国主要流通経路の機能回復を図り、農業分野など主要産業の復興、近隣諸国との交易活動を含め、中米地域の産業振興および促進に寄与しました。

協力地域地図

チョルテカ・バイパス橋梁建設計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • チョルテカ橋(ソル・ナシエンテ橋)。1998年に中米各国で未曾有の被害をもたらした「ハリケーン・ミッチ」により損壊し、日本の無償資金協力で架け替えが実施された。 

  • チョルテカ橋(ソル・ナシエンテ橋)。ホンジュラスおよび中米域内の主要幹線道路であるパン・アメリカハイウェイ上に位置し、中米諸国間の交通・流通の主要経路として活用されている。 

  • チョルテカ橋(ソル・ナシエンテ橋)。日本の協力への感謝の意を込め、橋名が「新チョルテカ橋」から「ソル・ナシエンテ橋(日本橋)」へと改名された。 

  • イストカ橋。ソル・ナシエンテ橋と同様に「ハリケーン・ミッチ」により被害を受け、日本の無償資金協力で架け替えが実施された。 

  • イストカ橋。パン・アメリカハイウェイ上に位置し、国際貨物の流通路として、ホンジュラスだけではなく中米地域における重要な交通路となっている。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。