南スラウェシ地域保健強化プロジェクト

Technical Cooperation Project for Improvement of District Health Services in South Sulawesi

国名
インドネシア
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
1997年4月〜2002年3月

プロジェクト紹介

インドネシアでは乳児死亡率および妊産婦死亡率が他のアセアン諸国より高く、特に保健事情の悪いスラウェシ島では、地域の医師、助産師、検査技師などの医療従事者の人材育成や各県の衛生部長の保健計画の策定・実施に関する能力の向上が求められていました。この協力では、南スラウェシの3つのパイロット地域で問題解決指向型アクションリサーチ手法の導入や、地域保健関係者の品質管理に関する人材育成などを支援しました。これにより、地域保健サービスの強化による予防可能な疾病の死亡率の減少に寄与しました。

協力地域地図

南スラウェシ地域保健強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 教室での講義の様子 

  • 教材 

  • パソコン設置の教室 

  • 中央研究室の風景(マカッサル) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。