酪農技術改善計画

Dairy Technology Improvement Project in Indonesia

終了案件

国名
インドネシア
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
1997年3月〜2002年3月

プロジェクト紹介

インドネシアにおける牛乳消費量は年々増加していますが、同国では特に乳幼児の栄養改善に重要な役割を果たしています。日本は、1986年から9年間にわたり、酪農分野の技術協力を実施し、その結果同国では酪農家数の増加や乳牛の遺伝能力の向上が図られましたが、農家における酪農技術は依然として低水準の状況でした。この協力では、酪農センターの普及員や農家に対して、乳用牛の飼養管理や繁殖衛生管理、飼料生産管理などの技術移転などを実施しました。これにより、農民レベルの酪農技術の改善と農業所得の向上に寄与しました。

協力地域地図

酪農技術改善計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • チコレ酪農センター:牛舎外部 

  • チコレ酪農センター:子牛パドック 

  • チコレ酪農センター:牛舎内部 

  • チコレ酪農センター:草地 

  • 青刈運搬 

  • トウモロコシ茎葉運搬 

  • ブニカシ酪農センター:研修施設 

  • ブニカシ酪農センター:牛舎 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。