結核対策向上プロジェクト

Project for Quality Tuberculosis Control Programme

終了案件

国名
フィリピン
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2002年9月〜2007年8月

プロジェクト紹介

フィリピンはかつて罹患率が世界第7位の結核高蔓延国でしたが、1992年から日本により結核対策の技術協力が実施された結果、協力対象地域のほとんどで治癒率の改善が図られるなどの成果を得ました。この協力では、この成果を全国へ拡大すべく、DOTS(直接監視下短期化学療法:患者の服薬を直接確認する等の治療方法)の実施能力の向上、診断技術の強化、喀痰検査ネットワークの強化、結核対策を監視するためのオペレーショナル・リサーチ実施能力の向上などを支援しました。これにより、全国平均で患者発見率70パーセント、治癒率85パーセントの世界共通目標を達成し、フィリピンの結核患者の低減に寄与しました。

協力地域地図

結核対策向上プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 無償資金協力により建設された国立結核検査センター。 

  • 結核治療を完了させることの重要性を訴える啓発ポスター。ネグロスオキシデンタル州 Bago市保健局DOTSセンターにて。 

  • ネグロスオキシデンタル州BRGY TALOCヘルスセンター 

  • 巡回指導の様子。ネグロスオキシデンタル州BRGY TALOCヘルスセンターにて。 

  • マニラ市EQAセンターでの巡回指導の様子。 

  • マニラ市District1Depressed Barangay(貧困地区)の一つにあるコミュニティセンター(DOTSセンターとして認証)。 

  • DOTSセンターで患者用にパッケージした抗結核薬と治療カード。 

  • マニラ市District1Barrio Magsaysayヘルスセンター内。スタッフの直接監視下で服薬する結核患者。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。