未利用農林植物研究計画

The Research Project for Higher Utilization of Forestry and Agricultural Plant Materials in Thailand

国名
タイ
事業
技術協力
課題
自然環境保全
協力期間
1996年8月〜2001年7月

プロジェクト紹介

タイの森林は、経済発展と人口増加に伴う木材需要の増大、貧困農民による森林の耕地化や焼畑などにより急激に減少しており、木材の効率的な利用技術や木材代替品の開発による貧困層の収入源確保が課題となっていました。この協力では、紙・パルプ製造を通じて地域農村社会が持続的に発展するために、新しいアグロフォレストリーのモデルの開発にかかる調査や研究を支援しました。これにより、農林植物材料の高度利用により農村が持続的に発展するためのアグロフォレストリーシステムの新モデルの開発に寄与しました。

協力地域地図

未利用農林植物研究計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • カセサート大学農業・農業工学生産改良研究所(KAPI) 

  • 植栽後2ヶ月のカジノキ稚樹 

  • カジノキ植栽試験地(カンチャナブリ、トンパプーン)におけるパイナップルとの混植試験 

  • 乾燥されたカジノキ靭皮(爆砕によりパルプ化される) 

  • パルプ化装置(平成8年度供与機材) 

  • 爆砕装置(平成9年度供与機材) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。