零細漁業管理訓練施設改善計画

(The Project for Upgrading and Renovation of the Management and Training Facilities for Artisanal Fisheries)

【写真】プロジェクトの様子

国名
モーリシャス [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2002年9月
事業
無償資金協力
供与額
7.79億円
課題
水産

プロジェクトの紹介

周りを海に囲まれたモーリシャスでは、漁業は基幹産業の一つであり、動物性たんぱく質の供給源でもあります。しかしながら、サンゴ礁における水産資源が長年の漁獲により枯渇し、零細沿岸漁業は存続の危機に直面していました。この協力では、零細漁業者を対象とし、沿岸漁業から沖合漁業に転換するための訓練環境を整える目的で、既存のアルビヨン水産研究所の施設・機材の整備を支援しました。これにより、サンゴ礁内零細漁業者の沖合漁業の転換とサンゴ礁内外の資源の減少防止を図るとともに、安定的な水産物の供給に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報