短波ラジオ放送網整備計画

The Project for Improvement of Shortwave Radio Broadcasting Network

国名
モンゴル
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
情報通信技術
交換公文(E/N)署名
2002年6月
供与額
11.27億円

プロジェクト紹介

モンゴルでは、国民の過半数が遊牧民ですが、その多くは道路・通信などのインフラが整備されていない遠隔地に居住しているため、ラジオが最大の情報収集手段です。しかし既存のラジオ送信設備の老朽化により、送信出力が年々減少し、受信可能範囲も急速に縮小していました。そのため日本は、ラジオ・テレビ・ネットワーク局が管理する送信所(ウランバートル、アルタイおよびムルン)に短波送信設備の設置を支援しました。これにより、ラジオ放送の受信可能範囲が拡大し、遠隔地に住む遊牧民への充実した情報伝達に貢献しました。

協力地域地図

短波ラジオ放送網整備計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ウランバートル送信所全景 

  • ウランバートル送信所。2階部分にSTL装置が収納され、屋上にアンテナが設置されている。 

  • ウランバートル送信所ビル前の記念碑板 

  • ウランバートル送信所の50キロワット短波送信機 

  • ウランバートル送信所の短波送信機の変圧器 

  • ウランバートル送信所の短波送信機 

  • ウランバートル送信所内に設置された記念碑板 

  • ウランバートル送信所の短波ラジオ放送用アンテナ 

  • ウランバートル送信所の既設アンテナ 

  • ラジオ放送の送信設備の運営維持管理を担当しているラジオ・テレビ・ネットワーク国営公社入口 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。